スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Terraria



いまさらながら「テラリア」を遊んでます。
マインクラフトも遊んでいたのですが、3D酔いが激してくて遊べんかった。

地中深く穴ほって素材集めて、武器つくったり、家建てたりする生活ゲームです。
なんといいますか、地中深く穴ほってますと気持ちが落ちつくよねw
地中にポコポコと宝物が埋まってたりして、それを見つけ出すのが面白いです。

ただわしの遊んでるのはPC版なので、英語なの。
ストーリー的なものはないので、英語がわからなくてもそれなりに遊べるのですが、それでもNPCとか呟く言葉など理解できたらな~と思うことしばしです。

今はすっかりPC洋ゲームは日本語化されないことが多くて、X360などコンシューマだと日本語化されている洋ゲームもちらほらあるのですが、PC洋ゲームの場合、何百万本も売れまくってる洋ゲームでさえ日本語化されないことが多くて萎え。

そゆのを2ch用語では『おま国』ゲームと言うのだそうです。
「おまえの国には売ってやんねーよ」の略だったっけかな。

『おま値』という用語もありまして、「おまえの国だけ高い値段で売ってやる」という略らしき。

ニンテンドー3DS「いつの間に交換日記」感想

ニンテンドー3DS「いつの間に交換日記」というソフトがeショップ(3dsからのネット販売)から無料で落とせるようになってたので、落として遊んでみましたよ。

ニンテンドー3DS|いつの間に交換日記|Nintendo
http://www.nintendo.co.jp/3ds/eshop/jfrj/index.html


ネットを介してフレンド登録した人同士で交換日記ができるというソフトです。
交換日記といっても1体1でなく、複数人まとめて日記を送りつけることができます。
メーリングリストやメールマガジンのようなシステムとでもいいましょうか。

ただ送るのは、テキストではなくお絵かきデータで、日記を開きますとしゃかしゃかと筆の軌跡と共にお絵かきが再生されます。
あと写真や音声も送れるようです。

しかしニンテンドーがソーシャルソフトを出してくるとは思わなんだ。
いがいでした。
といいましても、フレンド登録するにはお互いにコード入力しなくてはいけないので、ツイッターやミクシーのように手軽にソーシャルというわけにはいきませんが。

自分、フレンド登録した人はircチャットメンバー5人しかいませんでしたので、しかも交換日記ソフトにあまり興味なさげでしたので、2chの携帯型ゲームカテゴリのWi-Fi板のニンテンドー3DSフレンド登録募集スレにて、30人余りの方に登録させていただきましたよ。
ありがとうございます。

いやこれが面白いw
さすが2ちゃんねらーのみなさんだけありまして、アクティブです。
毎時20枚とか届きますよw
届きすぎw

このソフトはあれですね、アクティブな人がフレンドになってるかどうかで、面白さがぐんっとかわってきますね。

しかしこういうソフトが出てきたとなりますとフレンド登録上限100人では少なすぎるなぁ。
フレンドにゲームで一緒に遊ぶくらいの機能しかなかったら100人で十分なんですけど、日記交換となりますと少なくとも上限300は欲しいでやんすね~。

ちなみにわしのフレンドコードです。
3995-6472-0379
名前 もげぷ

もしよろしければ登録して~(ノ´`*)
コメント欄かメール(左上参照)にでもコード送っていただければ登録しまふ。

モンスターハンター3G  つらつら感想

マリオカート7に引き続き、モンスターハンター3G買いました。
年始年末いいソフトですぎ。
ラブプラスも2月に延期してくれなかったらどうなっていたことか。

モンハン3Gははやいうちに品薄予約受付中止になってしまったので買えるかどうかわからなかったのですが、発売日当日にぶじ買うことが出来ました。
いつも行ってる駅前のゲーム専門店は売り切れてたのですが、イトーヨーカドーのゲーム屋さんは6本ばかし置いてあったので、そこで買った~。
ヨーカドーのゲーム屋さんはほぼニンテンドー商品しか置いてなく、客層もファミリー層ばかりなので、品薄なニンテンドー商品買うにはメジャーな穴場。

モンハンはX箱360のモンスターハンターフロンティア(ネット版モンハン)しかやったことないから、新鮮でした。
モンハンフロンティアはネットの友人とスカイプでわいのわいの遊んでたので、3DSでソロってるのはちょっとさみしげ。

つか一人でG級までクリアできるんだろうかw

しかしRPGは、経験値をつんで強くなるというより、武器や防具をあれこれして強くなっていくというハクスラの方が面白いですな。
モンハン、武器屋さんで豊富に置いてある武器や防具群を品定めしてるだけで楽しいw

画面小さい・キャラ小さい・カメラ距離固定なのは、ちょっと残念。
自分は装備の見た目にもこだわる方なので(エロ面において)、できればキャラカメラの距離調整もできればよかったんだけどな~。

【MHP3】モンスターハンターポータブル3rd (HD Ver.)攻略wiki[ゲームレシピ]
http://wiki.gamerp.jp/mhp3/


3Gの攻略サイトではないですが、素材の所在や確率などのデータが豊富でよさげ~。

マリオカート7 感想

マリオカート7を買ってちびちび遊んでます。
おもろいです。

ネット対戦も遊んでるけど、普通に勝てまへんw
勝率1:2で負け越し~。

DS版と比べますと若干ドリフトがやりずらくなったような気がします。
wii版は持ってないから比較できない~。

マリカ7はカートがカスタマイズできるので、もしかしたらドリフト性能の良いカスタマイズ方法もあるのかもしれませんが、全体的に若干ドリフト性能落ちてる気がしました。

コースはnewコース16種の旧コース16種の全部で32種+バトルコース何個かです。
newコースはギミックが多くなりにぎやかになったぶんむつかしくなってます。
すぐコースアウトするw

とはいいましても多くのコースに、きのこ(加速アイテム)必須のショートカットが仕掛けられてるので、ビリになってもトップに躍り出ることが容易になってます。
あとショートカットの他にもコースアウト復帰時間が短くなってたり(多分)と、逆転のチャンスは数多くあるように思えました。

でもネット対戦してみると上手い人はやっぱり速いんだよな~。
常に後ろにバナナくっつけながら(後防御)走ってるし。
バナナ後ろにくっつけながら走るのは、Lボタン押しっぱなしにしとかないといけないので、操作むづくなるのです。
ショートカットもそつなくこなすし。

自分は4~8位(8人対戦)くらいの間で走ることが多いのですが、トップ同士の争いより、このあたりの順位の争いが一番レース展開が厳しいというか激しい気がしますw

トップ近辺でしたら、バナナ防御さえしとけばあとはめったにこないトゲ甲羅と雷くらいしか攻撃されることはないのですが、4~8位くらいのあらそいは、無敵スター攻撃やら後ろから前から甲羅攻撃やら弾丸攻撃やらさみだれ炎の雨あられ(T-T)

トップ集団まであと少し、と気分よく走ってたら甲羅攻撃スターコンボ2連であっという間にビリ。
楽しいですけどw

あとcpuが強くなってるように思いました。
50ccと100ccはそうでもないのですが、150ccのcpuがいやらしいw
わざとプレイヤー前のアイテムbox取りに行ったりとか、思わず舌打ち。

昔詰んだホラーゲーム「SIREN」の感想

お絵かきしながら、昔詰んだゲームの実況動画をみる週間(; ̄Ω ̄)
ゲームSIRENの実況動画をみつつだきまくらのエロ絵を描いてます。

このゲーム、ストーリーや世界観はものすごくよかったんですが、何ぶんむつかしくて途中で投げてしまったんですよね。



んが、上の実況解説動画が面白かったので、今さらながらゲームの感想をば。

屍人の徘徊する村が舞台のホラーゲームです。
サイレンが鳴り響くたびに村で何かが起こります。

幾人かの主人公たちを、シーンごとに操り、ザッピングしつつ、村の謎を解明していく、といった構造になっています。
Aさんが鍵を開けると、次のシーンで鍵の持ってないBさんがその扉をくぐることができるようになり、という感じで物語は進行していきます。

途中で投げてはしまったのですが、あらためて上のガッチマンさんの解説実況動画をみますと、細かい所にまで世界観の作りこみがあって、ゲーム内では語られない設定も多々あり、あーなるほどそういうわけかと感心すること然りでした。

ムービー画面の左下端っこっで地味に逃げのびた屍人は、実は次のシーンで再開するお父さんお母さんの屍人だった、とか。
ストーリーや世界観はものすごい良いゲーム。

キャラクターも表情など妙にリアルに作りこまれてまして、性格も一癖ある人物ばかりで。
特にヒロインのロングヘアーの盲目少女がええです。
怯えながら「このクズ、はやくしろよぅ~」とか言われるとたまりまへんなw
怯えツンデレ。

で、このゲーム、何がむつかしいって、キーアイテムの隠し場所とかヒントがないんですよねw
ゼルダの伝説みたいになんかしらヒントがあればいいんですが。
いや、あるのかな。
しかも、キーアイテムの使い方も、こんなのわかんねぇよっwwという箇所がちらほら。

Aさんがキーアイテムのタオルを冷蔵庫に入れる

別のシーンでBさんが、Aさんの冷蔵庫に入れた凍ったタオルを取り出し、台の上に橋のようにかけて、その上に豚の貯金箱を置く。

Bさん裏にまわってタオルが溶けて豚の貯金箱が落ちるのを待って、豚の貯金箱が落ちたら屍人がそっちの方へ行くからその間に次のキーアイテムを取る…

といった具合。
攻略サイトみながらでないと絶対わかんねw

3dsアンバサ・ファミコンゲーム感想

ニンテンドー3dsのアンバサプログラムが配信されました。

第一弾はファミコンのゲーム10本です。
初代マリオや初代メトロイド初代ゼルダ初代マリオゴルフなど、ファミコンの中でも数々の名作ゲームが配信されてます。
で、わしも落としてちこと遊んでみました。

むつかしいよっ!!むつかしすぎるよwwww

なんといいますか、ファミコンだけあって動きが大雑把といいますか、敵の動きもカクカクカカカカカッとすぐに迫ってきます。
動きが無駄に速いわりには微妙な操作ができずあたり判定も大きめw
特にメトロイドがむづいです。
3画面から先に進めませんw

よくこんな難易度で遊んでたな~。

そいえばメトロイドはゲームのうまい友人の画面をみてるだけだったっけか。
初代メトロイドの音楽は物静か現代音楽風ですごく好みなんで音楽だけで聴いていたいでげすw

とはいいましてもアンバサファミコンゲームは、おそろらく3ds用にバージョンアップした版ものちのち配布されるというので、そちらもアンバサラーは無料で落とせるらしいので、おそらくそちらは難易度調整されてくると思うのでそれ待ち。

「辛口!大籠城」感想&会津若松城攻略

ゲーム「大籠城」のバランス調整に半年かけたというインタビュー記事を読み、ちょうど「辛口!大籠城」がdsiウェア(ダウンロード販売)で500円で売ってたので買ってみました。

中小メーカーにDS参入の実情を聞いてみた [ゲーム業界ニュース] All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/215448/


これが大当たりでした。
おもしろい。
なるほどバランス調整に半年かけただけのことはありました。
500円の価値の以上のものでした。



タワーディフェンスというジャンルです。
マップに各種兵士を置きつつレベル上げをしつつ、攻めてくる敵を撃退するというゲームです。

はっきりいってむつかしいです。
むつかしいといっても、技巧テクニックを要するむつかしさではなく、兵士を置く位置とタイミング&レベルアップのタイミングだけの操作なので、まったく攻略不可能というわけではありません。

むづかしくてやり応えがあります。
試行錯誤しながら戦術を組み立てるのがおもしろい。
怒涛のようにおしよせる敵を、うきゃうきゃ撃退していく様子がおもしろいです。

aoe・rorなどのリアルタイムストラテジーが好きな人にお勧め~。

しかしパッケデザインはどうも…。
おもいっきり購買意欲を低下させる小学低学年向けなイラストでw
ゲーム内容は地味だけど高度という小学生より大人が好みそうな内容なのに、パッケイラストは小学低学年向けというミスマッチ。
むしろ「信長の野望」くらい大人向けのイラストにしてもよかったんじゃないかしら。

で、マイナーソフトなので攻略情報も少なく、会津若松城でつまっちゃう人も多そうなので、つたないながらも(ほんとにつたないけど)会津若松城攻略ヒントをちらっと~。

大篭城

まず開始しょっぱな、弓5を城の両脇に配置・鉄砲1を城の奥まったタイル左に配置・槍1を城の道を挟んだマップ一番下に置きレベルを2に上げます。

そして最終的には、城の左右は弓軍団、残りは全て槍、城の奥まった両脇に鉄砲2、という配置を狙って兵を置いていきます。

空敵兵と地上敵兵が重なって進軍してくることがままあり、それが難易度を上げています。
なのでマップ上の方で槍兵士レベル3足止め攻撃を使って、空敵兵と地上敵兵を分断していくのがコツです。

あと中盤まで鉄砲2機をレベル3のまであげとくのもコツ。
中盤に中ボスが出てきて槍では撃退するのがむつかしいので、最終防衛ラインで鉄砲3連攻撃で倒してもらう~。
簡単ですがこんな感じ。

とはいってもこのやり方でパーフェクト達成はしてないので、完璧ではないでげす。
鉄砲の位置を変えてみるとか大砲を交ぜてみるとか、他にもいろいろあるかも。

ニンテンドー3ds disにみられる熾烈なゲーム機戦争

ニンテンドー3dsを買いたてということもありまして、3dsの記事などを検索しているのですが、ここのところ3dsの悪口がとみに多くなっているような気がします。

なんでだろうと思ったとき、psp vitaが年末発売と聞いて、あーこれかなるほどと。
全ては合致した。

ニンテンドー3dsが赤色も発売し15000円に値下げしたはいいんですが、肝心の8月~10月ソフト発売のラインナップはスカスカでして。

参考 ニンテンドー3DS ソフト一覧
http://www.gamedeikou.com/3ds-soft/


ゼルダ発売が6月、スターフォックスが7月、それで8・9・10月はなぜかなんも出さないで、11月にマリオ、12月にマリオカート発売、という具合です。
疑問に思ってました。

おそらく任天堂の考えは、あえて8~10月は大型ソフト発売をスルーして、マリオシリーズをpsp vitaの発売月にぶつけようと、そゆ作戦なんだろうなと推測です。

ソフトを出さない8~10月は、すでに3dsを持ってる人対象に無料でソフト配りまくって(アンバサダープログラム・20本旧ソフトを無料配布)それで遊んでもらって間をもたせようと、マリオ出るまでお金ためといてもらおうと、こういう作戦。

で、ソニー陣営はvita発売までなんの手も打てないから、ステルスマーケティング会社に3dsの悪口言いまくり作戦を依頼してると、こういう図式と予想。

psp vitaも買おうと思ってます。
さすがに値段高いままだと手がでないんで、安くなった頃にでも。

3dsも楽しいのですが、フレンド機能などのゲーム以外の機能はvitaの方が自由度高そうなので。
スカイプ的なツイッター的なそういう機能は3dsは絶対入れてこないだろうしな~。

追記
おっと8月はスーパーポケモンスクランブルがありますた。
見落としてました(><

ニンテンドー3ds 今後の予測

ニンテンドー3dsが25000円から15000円に緊急値下げして、それでも任天堂の株価急落ってニュースありました。

ん~でも、普通に3dsは普及するでせう。
iPhoneなどのスマート携帯があるからds並みに普及するかといったらむつかしいでしょうが、株価急落するほど失敗ハードにはならないと思います。

ハード自体はちゃんとした作りで魅力的ですし。
大型ソフトが出揃ってきたら、普通に台数は伸びていくと思います。

わしも毎日さわってます。
ゲーム以外に、毎日配信されてる3Dテレビみたり、ハゲロダ3Dサイトで3dエロ画チェックしたり。

あとeショップ(ダウンロード販売)がいいですね。
ソフト販売の他に、ゲームプレイ3d映像がたくさんあってそれみるだけでも楽しい。

ソリティア(200円)・ピクロスe(500円)・悪夢の妖怪村(200円)、買いましたよ。
200円のソフトが作業の合間に遊べて楽しいです。

むしろ、据置次世代ハードのWii Uの方があぶないと思う。
wiiはカジュアル層にアッピールしてそこそこ成功したようですが、Wii Uはどうかな~。
x箱360やps3を超える魅力がWii Uにあるかつーたら疑問。

↓↓ちなみに2007/01/12に書いた次世代ゲーム機普及予測エントリーはこちら。

wii ps3 x360 据え置き型ゲーム機戦争予想
http://inono.blog50.fc2.com/blog-entry-121.html


半分当たって、半分ハズレてますm9(^д^)
まーこのときはブルーレイとHD-DVDの規格戦争の真っ最中でブルーレイが勝つとはわかりませんでしたし、ps3値下げ前でしたから、ハズレても恥ずかしくないもん。

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3DS 感想(ほんの少しだけネタバレアリ)

ゼルダの伝説 時のオカリナ3DS買いましてちびちび遊んでます。
64版も遊んでたのですが、64版はむつかしくて途中で投げちゃった、うへへ('-`;)b

3ds版ですがやっぱりむつかしいです。
でも時オカ以降のゼルダは簡単すぎてつまんなかったので、むしろネットのある今なら、これくらいのむつかしさの方がやり応えがあると思いました。

64版発売されたときには、あまりネット攻略情報も充実してなかったのね。
けど、今ならネットで検索すればすぐ攻略サイトがみつかりますので、つまんなくて投げちゃうことはあっても、むつかしくて投げちゃうことはない~。

あと攻略サイトに頼らなくても、答えそのもののムービーがゼルダゲーム内に収められてますので、わかんなくなったらそれみれば詰まることはないという親切すぎる設計w

で、時オカゼルダ、むつかしいといっても、よく考えれば答えがわかる謎解きばかりで、謎を解いてみればちゃんとゲーム中にヒントは示されているものばかりでして、その辺非常によくできているます。
今のとこ、詰まってわからなくなって答えムービーを3~4回みてしまったのですが、あっそれか知ってたわかってたよく考えればわかった、という謎ばかりで非常に悔やましいといいますかなんといいますか。

例えば、64版で詰まった火山神殿の行き方なんですが、やっぱり今回も詰まりまして。

火山山頂にある神殿へ行けと言われて行ったところ、でも熱さで1分くらいしかいられないと。
あぁこれは暑さを防ぐ防具をどっかで手にいれるのだなと。
んで、手にいれました。
山頂に行きました。

でも、山頂から神殿は遠くにみえてるんですけど、細い橋とか飛び石とかジャンプで超えられそうな崖とかあるんですけど、行けないのですよ。
どうあがいても行けない。見えてるのに行けない。

どうすりゃ行けるんだろう、隠し扉とかあるのかな、爆弾やハンマーで壁をたたきまわりつつ、ただただ時間だけが過ぎていく。
こりはもうあかん降参だすまいりました、ということで答えムービーみるとですね、その山頂からではなく火山付近の町の中の石造を動かすと神殿への抜け道があらわれるというムービーででで。

あーそいえば、熱さ防ぐ防具服もらったとき、その石造のある部屋の鍵が開いてクローズアップされてたな、はいはい知ってた知ってました、、、という具合。
まさに思考トラップ。

ゼルダ時のオカリナって、ちゃんとヒントは示されてるんですけど、こういう思考トラップが随所に隠されているからむつかしい。

下記の動画はそんなゼルダのゲーム実況動画です。
あまりうまくない実況主が四苦八苦している様子がおもしろいです。

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。