スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラスさん その2



ここしばらくは健全でいこうと思っていたのですが、心なしかまただんだんエロく…。
そのうち別ブランドにわけた意味ないじゃんwて感じになるかも('A`;;)

「まんが王国の興亡 なぜ大手まんが誌は休刊し続けるのか?」感想

漫画評論家たけくまさんのブログで紹介されていた、中野晴行著「まんが王国の興亡 なぜ大手まんが誌は休刊し続けるのか?」を買って読んでみました。

わしもこの先漫画やアニメがどの方向に向かうのかわかんなくなってきたから。
1975~2005年くらいまではだいたい漫画やアニメはこうなってくだろうな・こゆのが読みたいなというのがおぼろげながらわかりました。

わしだけでなく漫画やアニメが好きな人ならだいたいわかっていたと思います。
といいますか、ファン陣によるガンダム映画化運動とか宇宙戦艦ヤマト盛り上げよう運動とか宮崎駿監督作品をどゆやったらメジャーにできるか討論とか萌え~とか、自分達で時代をつくっていた。

んが、この先になにがあるのかまったく…。
で、この本になんか答えが書いてあるかなと思って読んでみた次第。

電子出版ははじめて買ったのですが、いがいと読みやすかった。
リーダー(本を読むためのソフト)の操作もシンプルで説明書みなくても操作できてすごくよかった。
本もいいですけど、これなら電子出版でもいいかなと思いました。

感想~。

漫画出版不作のわけとか、でもヒットした作品のキャラクター商品やアニメや映画化海外展開など出版で儲かるお金は減っているが2次利用で儲かるお金はむしろ増えていく、とか、無料漫画雑誌ガンホーはなぜ失敗したかなど、なるほどそゆことだったのかーと思えることが多く、面白かったです。

ただ、これからの漫画業界の展開として、マーケティングが必要というのはそれはどなのかなと思いました。
といいますのも、今のテレビドラマとかハリウッド映画など、マーケティング重視して作品づくりをしているところも、だんだんメルトダウンしてきてますから。

この作品を売るにはどの層に向けてどゆ売り方をすればいいか、などにマーケティング手法を使うのはいいと思うのですが、こゆ層にこゆ需要があるからこゆ作品をつくりませう、というのはやめた方がいいと思います。

今テレビドラマでは、俳優の誰それさんは数字(視聴率)ン%持ってるから配役してアラフォー世代に共感できる企画にして泣きも入れてうんたらかんたら、というつくり方をされているそうですが、それだと90点はとれるけど150点はとれないでしょう。

少年ジャンプ漫画家サクセスストーリー『バクマン。』に出てくる担当編集さんが「君達の漫画は合格ラインの水準には達しているがそれだけではヒットしない、編集部さえ驚くような上を行く作品をつくらなきゃだみだ」と言っていたのですが、ではマーケティング手法で作られた作品にそゆ上をいくもの・殻を打ち破るものができるかというと懐疑的です。
むしろ上を行くものはつぶされてしまうでしょう。

韓国ではウェブ漫画が主流ということがちらっと書かれていました。
誰でもウェブ漫画を発表できる場所があって、アクセス数に応じてお金が支払われて、人気作品は出版化~という流れだそうです。

こゆのはいいな~と思いました。
あまり詳しく書かれていなかったのですが、お絵かきソーシャルサイトのピクシブの漫画版みたいなものなのかな。
詳細しりたげ。

日本の漫画出版でもそゆ試みはちびちび始まっているようですけど、あくまで雑誌という形態をとっていますねん。
ピクシブみたいに投稿型でいいんでない?と思ったりも。
ただ、漫画はイラストと違ってアマチュアでプロ並みクオリティという人はあまりいないからな~。
ピクシブにはもうプロ以上でしょ、いえむしろプロ?というお絵かき作品がごちゃまんと投稿されているのですが、では漫画でアマチュアがプロ以上のものをつくることができるかというと、ん~…。
わしはピクシブ漫画版みたいなのを望んでいるんですけど~やっぱだめかな~盛り上がらないかな。

あと携帯漫画の分析ももそと読みたかったな~。
今携帯で読む漫画がかなりの急成長という話しはよく聞きますが、でも読まれているものは昔ヒットした作品ばかりで新規のものはみてもくれない、というのをブログで読んだことがあります。
そのへんの詳細もしりたげ。

レフト フォー デッド(LEFT 4 DEAD) デモ感想~

去年のクリスマスプレゼントにxボックス360をいただきましてソフトも5本とネット接続権1年分もいただきましてえぇえぇ、みでさんぬっくるさんありがとうございます。
(゜дÅ)ホロリ
ていうか、わしもらいすぎ(;゚Д゚)ガクガク
このお礼はいずれお絵かきで…(ノ´`*)

ぽちぽちガンダムオペレーショントロイのネット対戦など遊んでおります。
ガンダムむづいよw
でんでん勝てません。

で、こないだ『Left 4 Dead』というゾンビを銃でぬっころしまくりゲームのデモを、いつものircチャットメンバーで遊びましてん。
ボイスチャットで会話しながらのネット協力プレイなのですが、これがいがいと楽しかった。

いえ、シングルで遊んだときは劣化バイオハザードか?という感じでグラフックもまーそこそことはいえそんなんでもないし、うーん微妙かなという感想でした。
が、4人で遊ぶとまた違うものですね。
楽しげ。

このゲーム、やたらゾンビが大群でおしよせてくるのです。
しかもおまえはベンジョンソンかカールルイスかってくらい全速力でむかってくる。
静かな街中を「どっちいくべそ~」「こっちじゃね?」などとまったり会話してると、いきなり向こうからゾンビが大量に走ってきて静かな街並みはそこら中ゾンビだらけw。
阿鼻叫喚w
マシンガンぶっぱなし。
どんどんゾンビの死体がきずかれるも仲間が倒れてゾンビに囲まれてフルボッコw
助けにいくもまきぞえくらってフルボッコ。
3人瀕死~w
なんとかセーブポイントにたどりつき、体力回復~。

「ひ~こえぇぇぇ」と慎重に地下トンネルを進むとそこは倉庫の中です。
「このシャッター開けるとまたゾンビ大量にくるんでね?」と1人はシャッター開ける役1人は火炎瓶1人は備え付け強力マシンガンと役割をあててシャッター開けるとゾンビがこない。
なんだ?こねーじゃんと思ってると「うしろうしろっ志村うしろっ」との声がw
みると後から窓を破ってゾンビ大量Σ(^д^;ノノ! 
またも一気に阿鼻叫喚w

そんなゲーム。

コミティア87 2/15 『ち-15a』時計堂

2月のコミティア87当選しました。

コミティア87
02/15(日) 東京ビックサイト
東1ホール" ち-15a"
サークル名 : 時計堂

持ってくもの~。
新刊 カラーイラスト集 A5/p8/100円 (インクジェット誌)
既刊 DOLL愛3話 P54/500円
既刊 DOLL愛1話 P46/400円
既刊 DOLL愛2話 P48/400円
フリーペーパー 無料


もしよろしければいらして~。

前のコミケで隣のサークルさんが、フルカラーイラスト集折り綴じ本を頒布していたのをみまして、あれいいなーとわしもつくってみようかなーと、印刷所さんHPをめぐってみましたら値段がいがいと高いので断念('A`)。
500部以上刷らないと値段が安くならね~w
100部とか200部とかだとP8で1部あたり400円とか無理…。

なのでコピー誌ならぬ、インクジェット誌で手作りにすることにしました。
家庭用プリンターといいましてもすげぃ綺麗だからいいの。
ぶひ。

恋するママの夢見る世界



むうむうむう。
2月のコミティアにカラーイラスト集などを、5月のコミティアで漫画をだせるといいかな。

経団連の劣化 創作のスタートライン

製造業への派遣の見直し「性急すぎる」 財界トップ
 パーティーの後に開かれた経済3団体トップによる共同記者会見。政府内で製造業派遣の禁止論が浮上していることについて、経済同友会の桜井正光・代表幹事は「製造業を派遣対象から排除するのは行き過ぎだ」と批判した。
2009年1月7日1時1分 asahi.com(朝日新聞社)より~。


>三井物産の槍田松瑩社長は「バランスのとれた柔軟な雇用の仕組みがなければ、製造業は海外に逃避する」とした。ともに規制の強化が、かえって雇用情勢を悪化させるとの指摘だ。

ニュースや報道討論番組などで、法人税を上げれば企業は海外に逃げていくなど、企業は何かというと海外に逃げるという脅し文句をよく言われます。

企業は海外に逃げていくという人は、物づくり・0から何かを創りあげる・研究するってどういうことかを知らない人の発言だと思います。

インドはすごい数学者を輩出して頭のいい人がごちゃまんといるいうてアメリカのIT企業がスカウトしたりなんかしてますが、ではなぜそんな優秀な人のたくさんいるインドで現在すごい研究や技術・製品が生まれてないのか?

何かを創りあげる人がどいうい人かといいますと、24時間そればっかり考えてるのですねん。
メシくうときもうんこするときも寝るときも、24時間そればっかり考えてようやく創作のスタートラインに立てるといった具合。
クリエーターさんのインタビューなどをよく読みますが、大抵そんな人ばかり。

企業とすればタイムスタンプ以外でもお金発生してない時間でも働いてもらってるのでかなりお得な状況なのです。

創作者はなんでそんな労働時間以外でも頭を働かせているのかといいますと、それが大好きだから。
あともうひとつ、安心して24時間創作に没頭できる環境があるから。

アニメ製作会社のガイナックスの人が「アニメってのは何十億円と投入してもできないものはできない、いいものが創れるわけではない」とゆってました。
これはアニメにかぎらず全てのものにいえると思います。

お金さえ投入すればいいものができあがってくるわけではないということ、日本の環境というものがいかに創作に大切かということを、企業のトップの人はもっと理解すべきだと思います。

トヨタの本拠地、愛知県では失業者があふれまくってるといいます。
犯罪もふえて情勢不安おきまくりでしょう。
安心して創作できない環境になりつつあるかも。

全工場海外移転なんて、間違いなくミリ。
今も海外に移転している工場はたくさんありますが、ではその工場で指導している技術者はどこで育ってきてると思ってるのさw
全工場が海外移転したならば、クオリティは日本レベルではなく、その移転した国のレベルのクオリティになることを覚悟しなければなりません。

年始年末テレビ

ここ近年テレビがおもしろくなくなってきた視聴率もスポンサーもとれなくなってきたとちまたで言われてます。

で、年始年末テレビです。
今年の年始年末テレビはとうとう面白いと思えるものが一本もなかった。
毎年2~3本は面白い年始年末テレビやってたのですが~。

去年はのだめカンタービレまとめて再放送+特別ドラマとローマ特集がすごくよかったです。
今年はキムタクさんのHEROだったけれども、あれは女性限定だからな~。
ドラマ自体がおもしろいというより、ほぼキムタク人気だから男のわしがみてもつまんないし~。

ビートたけしさんの戦争ドキュメントドラマはそこそこ期待していたのですが、肝心のたけしさんの配役がミスマッチで役にぜんぜん合ってなくて、いたいたしくなって途中で消した。
他の作品のたけしさんの演技は好きなんですが。
ぶひ~。

あけましておめでとうございます。コミケ75お疲れ様でした

あけましておめでとうございます。
そして冬コミケぶじ終了しました。
お疲れ様でした。
きて頂いた方ありがとうございます。
売り子お手伝いしてくださった田中さんどうもありがちゅー。

今回、新刊が少々早めになくなってしまって、いつも来てくれる知り合いの方々にまわらなくて申し訳なく…('A`)。
2月と5月のコミティアと夏のコミケ(受かったら)に持って行くますのでどうかなにとぞ~m( )m

近くのブースでたけくまさん(サル漫の原作者&IKKIでスクスイ表紙)のサークルが出品されていたので買いにいくました。
御本人もいらしたので遠くからちらちらと眺めましたw
田中さんはサインをもらったそうです。

帰りは恒例の池袋によってサンシャインでスパゲテーを食べてプラネタリウムヒーリング特集『Planet Café 星空の虹』をみてまったりしてました。
連れの2人は途中で寝入ってました。
わしは最初から最後まできっちり観ましたvvvvvvvvv|* ̄┏Д┓ ̄|vvvvvvvv

しかし前々回もサンシャインプラネタリウムのヒーリング特集観たのですが、なんか映像の質が悪くなってるような気がしもす。
せめてパノラマ写真3枚くらいは出して欲しかった。

流れる曲はよかったです。
坂本真綾さんの1月の新曲がふんだんに流れてました。
中盤に流れる3拍子の曲がえがったです。
というかプラネタリウムというよりほとんど坂本真綾さんの新曲発表会みたいな感じでした。
プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。