スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔詰んだホラーゲーム「SIREN」の感想

お絵かきしながら、昔詰んだゲームの実況動画をみる週間(; ̄Ω ̄)
ゲームSIRENの実況動画をみつつだきまくらのエロ絵を描いてます。

このゲーム、ストーリーや世界観はものすごくよかったんですが、何ぶんむつかしくて途中で投げてしまったんですよね。



んが、上の実況解説動画が面白かったので、今さらながらゲームの感想をば。

屍人の徘徊する村が舞台のホラーゲームです。
サイレンが鳴り響くたびに村で何かが起こります。

幾人かの主人公たちを、シーンごとに操り、ザッピングしつつ、村の謎を解明していく、といった構造になっています。
Aさんが鍵を開けると、次のシーンで鍵の持ってないBさんがその扉をくぐることができるようになり、という感じで物語は進行していきます。

途中で投げてはしまったのですが、あらためて上のガッチマンさんの解説実況動画をみますと、細かい所にまで世界観の作りこみがあって、ゲーム内では語られない設定も多々あり、あーなるほどそういうわけかと感心すること然りでした。

ムービー画面の左下端っこっで地味に逃げのびた屍人は、実は次のシーンで再開するお父さんお母さんの屍人だった、とか。
ストーリーや世界観はものすごい良いゲーム。

キャラクターも表情など妙にリアルに作りこまれてまして、性格も一癖ある人物ばかりで。
特にヒロインのロングヘアーの盲目少女がええです。
怯えながら「このクズ、はやくしろよぅ~」とか言われるとたまりまへんなw
怯えツンデレ。

で、このゲーム、何がむつかしいって、キーアイテムの隠し場所とかヒントがないんですよねw
ゼルダの伝説みたいになんかしらヒントがあればいいんですが。
いや、あるのかな。
しかも、キーアイテムの使い方も、こんなのわかんねぇよっwwという箇所がちらほら。

Aさんがキーアイテムのタオルを冷蔵庫に入れる

別のシーンでBさんが、Aさんの冷蔵庫に入れた凍ったタオルを取り出し、台の上に橋のようにかけて、その上に豚の貯金箱を置く。

Bさん裏にまわってタオルが溶けて豚の貯金箱が落ちるのを待って、豚の貯金箱が落ちたら屍人がそっちの方へ行くからその間に次のキーアイテムを取る…

といった具合。
攻略サイトみながらでないと絶対わかんねw

2ch 今と昔雑感

2ちゃんが終わるなんて嫌だ!!! お前ら2ちゃん運営陣にエール送ってやってくれ頼む!!!
巨大掲示板サイト「2ちゃんねる」で11月24日夕方、運営担当者のユーザー名で「現在強制捜査受け中」いうスレッドが立ち、2ch内が騒然となっている。
「ニュース速報」板に午後4時半ごろ、運営担当者のユーザー名で「[速報]2ちゃんねる 現在強制捜査受け中」というスレが立ち、「あの板のあの書き込みが問題らしい 誰だよ書き込んだの ちゃんと管理しろよ管理人 野音と携帯押収されたよ 子猫ちゃん達と連絡とれないよ 」という報告があった(「野音」はノートPCと思われる)。
オレ的ゲーム速報より~

-------------

2chで覚せい剤を売ってたかどうか(?)で、2chに警察強制捜査が入ったというニュースです。

そいえば2ch閉鎖っていっても、10年前の2ch閉鎖騒動のときは大騒ぎでしたが、10年前よりは危機感なくなったな~。
今はツイッターやミクシーやsnsがたくさんあるしな~。

昔は2chに有益な情報たくさんありましたが、今はそれほどでもなく、2chまとめブログを読む楽しみがなくなるくらいか。
わしも昔、同人誌つくるときとかコミケ参加するときに2ch情報をたくさん参考にさせてもらいました。
板によっても違いますが、今は人がにぎわっている板ほど工作員とノイズがほとんどという印象。

↓10年前2ch閉鎖騒動の時つくられた感動動画

ツタヤ旧作 150円

ツタヤ(埼玉上尾)に久々行ったら、旧作が7泊・150円と安くなってた。
前は300円ちょいだったのでうれしい値下げ。

sawシリーズを一気借りてにみましたよ。
sawは1~3までは面白かったけど、4~7は微妙だった。
特に6と7は、悪い意味でのハリウッドホラー臭がでてしまっていて、軽くなってしまっていてもうひとつだった。

古い名作映画も借りようと思ったけど、ぜんぜん置いてなかった。
かなりたくさんのdvdがあるのだけど、黒澤明監督作品などひとつもなかった。
昔はどんな小さなレンタル屋さんでも、黒澤明の映画は大抵そろってたんだけど。
ぶひぶひ。

TPP アメリカとの交渉に負けると思った瞬間

さらにTPPについて~。

ISD条項の危険性について、政府は国会で「…確かにアメリカ・カナダ間などでも起こっているが、最近は乱発はよくないと自重する傾向にある。日本も他国とISD条項をたくさん結んでおり危険性はない」(意訳)と答弁しています。

TPPってのは、国際ルールをつくっていく協定と聞きました。
ルールづくりの中で、国益を勝ち取っていくという協定だと聞きました。

それなのに、前述の通り日本政府はあいかわらずルールを追認する発想しかないのが残念。
ルールづくりを主導するという発想にならない所が日本人的といいますか。

それでは、前の前のエントリーに書いたように、とてもアメリカの交渉力に勝てるとは思えません。

「ISD条項をもう一度よく検討し、国益にそぐわない点がみられれば作りなおす。認められなければ入らない」
くらいのことは言って欲しいものです。
(「改正を求めていく」じゃなくて、「(自ら主導して)作りなおす」というところがミソ)

あと、TPPを安全保障にからめて論じる人がいますが、これはぜんぜん違うと思うぞ。
安全保障というのはなんのための安全保障かといいますと、中国の脅威からの安全保障なわけで。

TPPはFTAAPへの道という話しなのに、安全保障をからめてしまったら、仮想敵国扱いの中国が、TPPに入るわけがない。
TPPにおいて、FTAAPと安全保障は両立しない論。

知的財産・著作権についても「海賊版を取り締まれて万々歳じゃないか」といった乱暴な推進論が多く、フェアユース(パロディを認める判例)や著作権期間など、これについてはもっと決め細やかな議論があり、文化庁でも何度か議論してるにもかかわらず、そういった乱暴な推進論しか出てこないところを見ると、あーぜんぜんわかってないな、と。

こんな程度の知識も持っていないのに交渉にのぞむなんて、アメリカに負ける、こんなんじゃ協議に入る前から負ける…。

それと、「アメリカの陰謀という妄想はやめた方がいい。アメリカはそんなことしないから」という言い方をするTPP推進論客さんをよくみますが、こういう議論は不毛だと思う。

現に、アメリカは「自動車・牛肉・簡保の開放」というとんちんかんなことを日本に求めてきたという事実があるわけです。
つまりアメリカは「日本の事情は知りません、自国の国益を優先します」というメッセージを発してきたということ。
これはアメリカ陰謀説などのまやかしではなく、まぎれもない現実なわけで。

映画「告白」感想 復讐物語の作り方 ネタバレ有り

今更ながら映画「告白」をみました。
賛否両論ある映画ということで気にはなってたんですが、観るの忘れてた。

松たか子さんが教師役で、少年に復讐しつつ最後に「どかーん♪」と言うあれです。
「下妻物語」や「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督作品です。

いやー面白かったです。
最高でした。
今の少年法をよしとする弁護士さんが観ると激怒しまくるだろうな、という映画でした。

自分は、女子高生コンクリート殺人事件の犯人がシャバに出て結婚もして幸せな人生歩んでる等々、ふざけんな死んで詫びろ、と思っているので、この映画はすかっとしました。

いいお母さん風でありながらの実は復讐の鬼であったという松たか子さんの演技もよかった。
復讐の鬼といっても「ウケケケ」という狂喜じみた演技ではなく、たんたんとcoolに復讐をこなしていく演技がすごかった。

しかし今時これほど完全無欠の復讐物語というのもめずらしいと思いました。

昔は復讐物語もけっこうあったんですが、今はぜんぜんみられず(わしが見てないだけなのかもしれませんが)、なおかつたまに復讐物語があったとしても、最後には復讐する人が日和ってしまって「復讐は悪い行為だった俺が間違っていた」とごめんなさいする物語が多くて萎え。

アニメ版岩窟王とかね。
最後にどんな手段で復讐をはたすのかが復讐物語の最大のカタルシスなのに、最後の最後で日和ってごめんなさいしてしまって、まるで出しそびれたうんこを腹にかかえた気分に。

TPP アメリカの交渉能力・人的資源をなめない方がいい

TPP交渉 日本、参加表明 牛肉・自動車・かんぽ 米国、3分野で牽制
 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への交渉参加を表明した日本に対し、米国は早くも牽制(けんせい)を強めている。米通商代表部(USTR)のカーク米通商代表が11日、日本との事前協議の議題として、米国産牛肉と自動車の市場開放、日本郵政のかんぽ生命保険の見直しの3つを具体例として列挙。関係者の間には狙いをつかみきれない米側の姿勢に戸惑いが広がり、自動車業界ではかつての日米摩擦の再燃を懸念する声も出ている。
SankeiBiz(サンケイビズ)より

-----------------

アメリカがTPPを通じて国益の拡大・日本市場の開放を狙ってきてるとわかった以上、日本に勝ち目はないと思われ。

2国間交渉と違い多国間交渉なのでアメリカに勝つチャンスはあるという人もいますが、アメリカの交渉力をなめちゃあかんと思う。
遺伝子組換え表示問題で日本が勝った事例もあるようですが、2度と同じ手は通じないと思った方がいいと思う。

日本官僚製造学校であるところの日本最高学府東京大学だって、国際大学ランキングではたかだか24位です。
24位より上には、アメリカの大学はハーバード大学を筆頭に11校も入ってます。
おまけにアメリカはガキの頃からディベート教育を徹底的にやってます。

人的資源が違いすぎる。
これで交渉に勝てるという人は、太平洋戦争でアメリカに勝てると言ってるのと同じ。

参考
QS 世界大学ランキング 2010 一覧
http://tabetainjya.com/archives/worldnews/qs_2010/


コメ専門など1点突破だけの交渉ならまだ互角の交渉能力があると思いますが、これが24項目・900品余りに渡っての交渉となると、そんなに多岐に優秀な人材(アメリカの交渉能力に勝てる人材)を日本が用意できるとはとても思えません。
太平洋戦争で日本が戦線を広げすぎて各個撃破されていったように。

TPPがFTAAPへの道のりいうても、TPPルートは道がけわしすぎます。
犠牲・リスクが多すぎます。
FTAAPへたどり着くまでに死屍累々、その道のりには数々の屍がつらなるでしょう。
まるでインパール作戦。
たどり着いたら後ろに誰もいなかったということに。

というわけで、「ボクのかんがえた、がいこうせんりゃく」

早いうちにアメリカにごめんなさいしてTPPから抜ける算段をつける。

日米関係を悪化させないように、沖縄をアメリカに献上する。
沖縄米軍基地をアメリカの言うとおりに配置し、思いやり予算も増額する。

TPPに代わり、ASEAN+3を推進する。
(ASEANならTPPとは違い、確実に経済拡大貿易拡大お金儲けできると言われてます)

ASEAN貿易で得た利益に、ASEAN特別税をかける。
んでASEAN特別税は全額アメリカ沖縄基地と沖縄県民のために使う。

ASEANを通じて中国に知的財産など国際批准に近づけるよう求めつつ、ASEANとアメリカとの融合を模索しつつ、FTAAPへの道筋をつける。

これでかんぺきょ('A`)v

TPPに参加しなかったときの日本の成り行きを予想

「国益損ねて参加せず」=TPP交渉で首相―首脳会談、米側発表を否定・参院予算委
時事通信 11月15日(火)9時43分配信
野田佳彦首相は15日午前の参院予算委員会で、環太平洋連携協定(TPP)交渉への参加方針を表明したことに関し、関係国との事前協議の結果によっては参加しない可能性もあるとの認識を示した。自民党の山本一太氏が「交渉に参加しない選択肢もあるのか」と質問したのに対し、首相は「何が何でも、国益を損ねてまで参加することはない。百パーセント、とにもかくにも(参加)ということではない」と述べた。

---------------
TPPに参加しなかったときの日本の成り行きを予想。

日米関係がこれ以上なく悪化し、日本はそれを改善するため沖縄に多大な犠牲を払ってもらうことになるとみた。
沖縄のアメリカ軍基地をアメリカの要求通りにして、思いやり予算も10~30%増量ってとこかしら。
そしてTPPに代わり、ASEAN+3で貿易拡大に望むという具合。

TPPに参加しても、コメや食の安全基準緩和、医療・保険、著作権延長非申告化などなど全て守れるわけはなく、せいぜい1項目守れればいい方でしょう。
経済拡大・貿易拡大に関しても、それはないというのが、推進派・慎重派の学者さんの共通した意見でありますし。
(じゃあなんで推進するかというと、TPPがFTAAP(中国インドアメリカその他もろもろの国を含む自由貿易協定)へ至る道程だから、という話しです。しかしTPPはむしろ中国を排斥させてFTAAPへの道を阻害する、といった意見もあります)

進むも地獄、戻るも地獄。
唯一いい点を上げるとすると、中国がより一層日本に貿易ラブコールを送りつつある、ということかな。

そういえば外務省HPにTPPコーナーができたようですねん。
どの資料も読みやすいです。
役所もこんなわかりやすい日本語が書けたんだ、と少々感心。

外務省 環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉のページ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/tpp/index.html#tpp-02


TPP協定において慎重な検討を要する可能性がある主な点
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/tpp/pdfs/tpp02_03.pdf


投資仲裁の事例
アメリカ・カナダ・メキシコ間ISD条項(国内法より投資家利益優先裁判)適用事例
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/tpp/pdfs/tpp02_06.pdf

TPP雑感 レア化農業について

更にTPP雑感~。
農業について。

TPP推進の人がよくいう論に、世界で日本農業が生き残るのには、山形産の高級さくらんぼのように、作物をレア化ブランド化高級化して輸出するというビジネスモデルを上げてます。
が、本当にそれは可能なのかしらん。

工業製造業でさえ、がんがん技術が流出してる時代ですよ?
はたして高級さくらんぼなどの農業技術は、日本人しかつくれない技術なの?

おそらく高級さくらんぼも、世界の商人に目を付けれられば、真似する国が出てくるはずです。
今は高級さくらんぼが売れてるといっても、世界市場的にはそれほど大きくもなく、世界商人からは見逃されてるといった状況だと思うんですよね。

高級ブランド作物世界市場が大きくなればなるほど、種や栽培方法を知的財産化してそれを売るというビジネスモデルしか、日本農業で生計を立てる方法はなくなると思う。

大規模農場化で競争するのはそもそも不可能って話しですし。
畑全滅、かろうじて研究農場が生き残るという、未来の日本の図を予想。

更にTPP 雑感

野田総理がTPPに参加協議開始を表明しました。
参加でなくて参加のための協議というところがミソだそうです。
慎重派に配慮した言い方みたいです。

で、国会のTPP集中審議で、野田総理は、TPP一番の問題点であるISD条項(国内法よりTPP条項の方が優先される)を知らなかったことがばれてしまい、そんなんでだいじょうぶか?

参考
《野田首相》11.11国会で佐藤ゆかり氏への答弁で失言?
内容と反応まとめ《ISD条項・TPP》




民主党の川内博史議員によりますと、実は民主党内でもTPP反対・慎重派は7割~8割だそうです。

世論調査でも確か1ヶ月前はTPP賛成が4割強で反対が3割強くらいだったかな。
最近の世論調査では賛成・反対ともに3割強くらいで拮抗してるそうです。
おそらくもっと反対論が浸透してきましたら、反対4割強・賛成3割ちょいくらいになると思う。

でも肝心の大手メディアは反対論をあまり報道しないからなぁ。
コメ問題ばっかりで、ISD条項とか食の安全とか医療問題などはあまりつっこんで報道してないぎみ。

で、こういった反対論を報道しないのに反対世論が4割超えてくるという状況になったら、大手メディアは危機感もった方がいいと思う。
反対世論が増えた分だけ大手メディア不信も増量するということだから。

大手メディアに広告乗っけてる企業が軒並みTPP賛成だから、それで大手メディアはTPP賛成誘導してるのだと思うんだけど、もし賛成誘導に失敗すると、肝心の視聴者・読者からそっぽ向かれちゃう、というスポンサーと視聴者・読者の板挟みの構図。

しかしあれなんですよね~、前のエントリーに書いた著作権非申告化ですが、TPP参加交渉に入ったら、コメを守るのと引き換えに、著作権関係の首を差し出すことが容易に予想されるわけで。
恐ろしい事態に。
再販制度も同様。
出版関係はあまり政界とのつながりを持ってないみたいだから、一番首を差し出される確率が高そうな予感。

出版関係だけでなく、TPP24項目に関係してる業界は気をつけたほうがいいですよ。
政府は、既定路線に入って後戻りできなくなったのち&世論の空気を作り上げ、それを電撃発表するという形をとってくるから。
東京都漫画規制条例のときの行政の手法ですねん。

ロビー活動による情報集めや、いざというときのデモ抗議など事前準備が必要です。
もしかするとスパイ活動も必要になってくるかもしれませんね。

TPPメモ

TPP問題地上波放送について。
NHKとフジテレビとテレビ朝日は農業VS工業軸の他にも医療などの反対意見紹介や反対識者を出演させてますが、TBSと日本テレビは、賛否両論あるといいながら、あいかわらず農業VS工業軸問題紹介のみで、医療などなどの問題は論ぜず、なおかつ賛成識者だけしか出演してない印象。

著作権否申告化(コミケ全滅)は、外務省・文部科学省は「議題にあがらないとは言えない」と名言した様子。

参考画像
http://twitpic.com/7bsh85
http://twitpic.com/7bsjp9

女子中学生の身体測定



いや、まじでこんな感じ(; ̄Ω ̄)
プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。