スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下大阪市長さんvs7人の論客 朝まで生テレビ感想

前の前のエントリーに書いた、橋下大阪市長さんvs7人の論客、討論番組「朝まで生テレビ」をみました。
で感想~。

大阪府 教育条例案の罰則見直し協議へ 最高裁判決受け
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20120117-OYO1T00217.htm?from=main3


特に注目してたのが、上記記事最高裁判決について橋下大阪市長はどのように答えるか、でした。

しかし橋下大阪市長、反対橋下派どちらも上記記事の最高裁判決を踏まえずに討論していて肩透かしというかとても残念でした。

橋下大阪市長は『公務違反したら処罰するのは当然』ということを繰り返し、反橋下派は『思想心情いろいろあるんだから処罰すんな』ということを繰り返し。

最高裁判決は、処罰するのは妥当だけど量刑が厳しすぎるってな趣旨で、私も処罰云々より量刑の妥当性の論議が聞きたかったのだけれども、そこには踏み込まず君が代思想信条白か黒か論争になっていたのがとても残念でした。

唯一ふれたのがコマーシャル前の司会者田原さん「でも、やっぱり痴漢なんかと同じ処分じゃ重すぎるよね」の一言だけ。

で、私がなぜそのような量刑論争を聞きたかったのかといいますと、こういった厳しい量刑の傾向は間違いなくいずれ自分たちの方にも向けられるであろうから。

これだけ人気があれば日本ユニセフ関連にロビーしまくられて、漫画表現規制なんぞ厳しい条例つくられまくるのは十分考えられること。

あな恐ろしや…((('A`)))がくぶる

とある伝説のハト



そういえばちょっと前のことになりますけど、散歩中、ハトが土くれの中の虫をついまんでるよくある風景を見てまして。

ハトの食う飯は米粒くらいの飯だから、これくらい小さい飯だと一日中ついばんでいなければお腹いっぱいにならないわけで、ハトは大変だなぁ、と思いましたが、しかしよく考えてみると、ハトの比率からすると、人間には米粒くらいの大きさにみえる飯でも、ハトにとってはミートボールくらいの大きさにみえるわけで。

木のおいしげる公園には虫もたくさんいることですし、駅や繁華街などはお菓子の食いかすなどもたくさん落ちてますし、ハトから見ると、世界のそこら中にミートボールが落ちている状況なんではなかろうか。
ハトって、もしかしたら人間よりいい環境でくらしているのではないだろうか。

人間界の場合、ご飯がそこら中落ちているなんて状況はまずありえません。
しかしハト界の場合、街中なら天敵もカラスか猫くらいで、カラスもそうそうにはハトには襲いかからないだろうし、猫なんざ木の上か飛んじゃえば楽勝で襲われることもないでしょうし、羽毛布団に全身くるまれてるのでそう寒くもないでしょうし。

人間は、人間が生物の中で最高の生き物だということを思いがちですが、むしろハトの方が、健康体で生まれて大人になることができれば、もしかすると幸せなのかもしれず、ということをつらつら考えておりました。

朝生 橋下大阪市長vs反対者10人の成り行きを予想

1月27日放送の『朝まで生テレビ』は必見! 『橋下市長1人』 対 『橋下市長大嫌い人間10人』らしい
namatahara 田原総一朗
だいたいそんな感じです。今、交渉中です。 RT @kurosay88: @namatahara
次回の朝生は、どんな形というか状況でしはるんですか?
『橋下市長1人』対『橋下市長大嫌い人間10人』っていう感じなんですかねぇ。
また場所は大阪ABCですか?
オレ的ゲーム速報@刃さんより~

----------------

朝生はけっこう観てるのですが、これは楽しみ♪
でもやっぱり反対論者10人といっても、上記記事の通り、橋下大阪市長さん無双になるんだろうなぁ。

議論・ディベートうまい人にとって、1人vs10人では、実は1人の方が圧倒的に有利ということを、オウムサリン事件のときの上祐さんワイドショー討論をみてて思いました。

10人も反対論や質問者がいますと、1人の発言時間はどうしても限られます。なので反対論者さんは数少ない発言機会を得ると、その論の中で3つも4つも質問なり反対意見なりを入れてきます。

で、答弁者はその3つか4つの複数質問の中で一番答えやすいものを長々と答弁する。

するとそのうち反対論者10人の中の別の誰かが、必ず業を煮やして答弁者の発言をさえぎり、別の質問・反対論をまた3つか4つ言ってきます。

で、答弁者はまたその3つか4つの複数質問の中で一番答えやすいものを…以下ループ

という上祐戦法。

一番答えにくい・弱い部分を一点突かれて、どうしてもそれに答えなければならない状態になったら、さっさと誤りを認めつつ「しかしそれはたいして重要な問題ではない、それよりもね…」という風にもっていく竹中戦法も有効。

特にこないだ最高判決出た「大阪府教育条例案の罰則」関係については、竹中戦法を使ってくると予想。

大阪府 教育条例案の罰則見直し協議へ 最高裁判決受け
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20120117-OYO1T00217.htm?from=main3


あるいは、専門用語おりまぜ各論に入り、司会者田原さんに「そんな細かい話はわかんないっ、別の話しをして」と言わせる戦法もw

補助金カット関係のうちいくつかでも、「まぁそれはこれから検討しますよ」と橋下大阪市長に言わせることができたら、反対論者さんをほめてもいいんじゃないでしょうか。

何十年ぶりかに初代ガンダムを観た感想

そういえば、年始にテレ玉で劇場版の初代ガンダム3部作を放送してました。
10年ぶりか20年ぶりかで観ました。

で、あらためて観ますと、やっぱり初代は格が違いますやね~。
絵は前時代的ですけど、モビルスーツ描写や組織の中でのキャラクター群像などなどの描写力は、他のガンダムシリーズの追随を許さない。

昔みたときはわからなかったけど、今みるとロボットアニメというより、第二次世界大戦の名作映画からの文脈でストーリー創りしてるんだなと思いました。
「遠すぎた橋」とか「パットン大戦車軍団」とかあのへん。
アメリカ対ドイツの戦争映画の戦車や飛行機を、モビルスーツにおきかえたような創り方。
そりゃガンプラも売れるわけだと思いました。

とりあえずこれからのガンダム監督は、名作戦争映画50本視聴必須。

あとオッサンの描き方がうまいと思いました。
オッサンの描き方の方向性は、カイジとかナニワ金融道などなどの方向性に近いのではないかな。
まったく同じではありませんが、微妙なところで方向性が。

シタタカさというかズルさというか黒いものが根底にあるような描き方。

多くのアニメでのオッサンの描き方ってほとんど、オッサンの皮をかぶった青年というような描き方で、うーん…というものが多いので。

あとガンダムとは関係ないけど、多くのアニメの年寄りの描き方も、みんな仏様のようなじっちゃんばっちゃんばかりで、描き方がわからないなら出さない方が…と思うこともしばし。

あああ

弟の嫁さんの妹が癌で亡くなりました。
一度挨拶しただけでしたが、それでも見知った人が亡くなるというのはつらい。

若人を称して好景気を知らない世代という言説から読む報道番組予言

今年もテレビは成人式のニュースをちらほら報道してます。

その中でテレビさんは20才を迎えた昨今の成人さんたちを
「バブル景気以後に生まれた、好景気を知らない世代
と称することがよくあります。

いやいや、テレビ報道は昔リーマンショックまでを「いざなぎ景気を抜く長期好景気」って報道しまくってましたやん。

「これは好景気とは言わない」という意見を大々的に報道していたらいいのですが、あの時ほとんどの報道番組は「いざなぎ景気を抜く長期好景気」ということを肯定的に大々的に報道していた。

それが今になって、テレビの中ではリーマンショックまでの好景気はなかったことになっている。
テレビ自身が、リーマンショックまでの好景気は大本営発表そのものということを認めてしまっている悲しい事態。

マスコミは政府のチェック機関であるというのは嘘、という事を改めて再認識。

○参考
今の好景気は戦後最長の「いざなぎ景気」を抜くのは確実視されていますが、どうも...
2006/6/3のYahoo!知恵袋より


切捨て景気
2006/08/09のわしのブログより


小泉総理北朝鮮訪問の時も、テレビ報道は北朝鮮マンセーしまくってましたし。
今のテレビは「北朝鮮は悪い国」という報道姿勢ですが、拉致問題が発覚する前、いや発覚してもしばらくは北朝鮮マンセーという立場でしたのよ。
「北朝鮮に経済援助することはこんなにも素晴らしいことなんですよ」という報道姿勢だった。
木村太郎さんも北朝鮮マンセーしていました。

で未来を予言。

おそらく原発問題もTPP問題もいずれ、各種マスコミは自分たちが主導して原発やらTPPやらマンセーしてたってことをすっかり忘れて、「地震と原発とTPPによってこんなに国が荒廃してしまった、あの時の政府は糞、自分たちは悪くない」ということを報道するんだろうなぁ。

未来の歴史学者さんのためにここに書き記しておきますが、テレビ報道番組はTPP賛否両論あるといいながら、出演させる識者の約8割はTPP賛成論者の方ばかり、新聞も東京新聞など地方紙以外、主要新聞はほぼTPP賛成論説だったのですからね。
プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。