スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インラインスケート 現在の課題

今は週2~3回くらいすべってます。
もう膝どうなってもいいやw。

現在の課題はストライド3とパラレルのマスター。
私のインラインスケート目標は、川沿いサイクリングロードまったりランなので、効率的な滑りフォームの確立だす。

ストライド3というのは、軸足を、足の裏外側に重心において滑る滑り方です。

まず軸足が地面に接地するときに、足の裏の外側に重心をかけて、傾けて接地するようにします。
そして軸足反対の蹴った足を戻すさいに、軸足は、外側に重心をかけていたのを、ぐいんっと内側に重心を移しつつ、その勢いのまま軸足を蹴り足に繋げることによって、蹴り足はより効率的かつパワー増量、というすべりなのね。

これ見た目にはどってことないのですが、体(腰)を傾けながら滑るのでけこうむづいです。

で、ストライド3とパラレルの動きってよく似ていまして、ストライド3をマスターするにはパラレルマスターが必須なのではないかと考えまして、両方練習しているというあんばい。

パラレルというのはパイロンの間をジグザグに動きながらくぐり抜ける、という滑り方です。
スキーのウマイ人が滑降するとき左右にジグザクしながら滑降するというあの動き。

今なんとなくコツをつかんだような感じ。
詳しくはまたあとで~('A`)ノ

COMMENT

はじめまして~!

『ストライド3』でぐぐったらここに辿りつきました。
自分も練習中で、たった今荒川から帰ってきたトコです。
なかなか難しいですよね。やっとアウト側によろける事がなくなってきました。
グイグイとスピード出るな~~と思ったら、追い風だったり...。^^;
お互い頑張りましょうね!

どもどもはじめまして~。

実はスケート教えてもらった人からいわせると上記のストライド3の説明は微妙に間違ってるらしくて…(^^;)。

ほんの少しの追い風でもけこうスピードでますよねん~w
あまり漕いでないのにスピードがですぎて、こけそうになることも多々です(;´Д`)。

がんばりませう~w

レスどうもです~!

あれれ?微妙に違うんですか?
自分も同じような感覚で滑ってました...。^^;
あまり無駄な力を使わないでスピード出せたら、
最高に気持ちいいでしょうね♪

その人の説明聞いても詳しくはよく理解できてなかったっす(^^;)。
理屈むつかしいです…。

とりあえず軸足が斜めにかたむいてアウトエッジ使えてたらいいんじゃないかな、という結論にたどりつきましたw

ストライド3の説明のチャットのログみつけたので、ちょくとはりつけ~(無許可w)
------
重心を次の滑る方向に移動させつつ
その段階でエッジの切り替えを行うから
結果的に、アウトエッジに乗る事になる

その勢いのまま軸足を蹴り足に繋げることによって、蹴り足はより効率的かつパワー増量じゃなくて
荷重移動の際に、先行して次の軸足のローラーを設置して漕ぐ事ができるので、効率的になる

ストライド2が完璧になれば3への移行は難しくないんですよ
なぜならストライド2と3の違いは
重心移動のタイミングと、足の位置の差しかないのですよ
で、重心移動はいつでも変えられるけど
足の位置は、ストライド2が正しく出来ないと確定しない
そんな感じです
------
という話しらしいです(*´д`*)ハァハァ

ホムホム

なんか、わかったようなわかんないような...。^^;
足の位置はわかるんですけど、重心移動のタイミングが...???
こういうのって、実際に自分で試行錯誤した後、改めて読むと理解できるのかもしれませんね。
とりあえず頭の隅にとどめておこうっと...。
どもありがとございましたぁ~!

チャットログの主です。

スケートにおいて、重心の位置と、その時のローラーに対するアクセスの方法が間違うとマズイと思うんです。

ローラーのアウトエッジに乗ってこぎ始めればストライド3と言う訳ではありません。
でも、いののさんの文章から、いののさん自身がアウトエッジに頑張って乗ろうとしている努力が見て取れるので、こりゃいかん、と(笑

いののさん自身がストライド2と言っている自身の滑りも、私の目からは重心移動が不十分でストライド1.5って感じなんですよ。

で、ストライド2が完成する前に上記思想でストライド3に取り組んだら、多分、蹴りだした足に十分な重心移動及び荷重がかかる前に体を反対に無理に倒して、むりむり逆足に乗ってる姿がなんとなーく想像できるんですよ。

まあ、それから練習して行っても最終的には確かにできるようになるとは思いますが、倍以上の練習が必要になるんじゃないかなと思います。

特に、若い人なら「習うより慣れろ」で滑りまくれば勝手に上手くなると思いますが、私やいののさんのように年寄りは考えて滑らないと下手すると悪いフォームが一生モノになってしまいますので。

ストライド2と3の差は一番は重心移動のタイミングだと思います。ストライド2で重心移動と荷重が完璧に出来るのであれば、2から3の移行は簡単のはずです。
練習としては、ストライド2において、とにかく片足に長く乗る事。
目安として、ストライド2で片足10メートルずつ進める位になればストライド3は簡単に出来るのではないでしょうか。
(もし、それが出来ないのであればストライド2における荷重の掛け方が間違っています。→ストライド1の復習)


実は、私自身もストライド3は出来ませんが(チャレンジすらしてない)、スケートの上手い友人への質疑応答と、私自身のスキー経験(SAJ1級程度・スキーとスケートは似てる)から記述しています。

この文章も、その友人に見てもらい、問題ないことを確認してもらってからの投稿ですので一つご安心を(苦笑

師匠キタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!
片足にのる練習するだw

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。