スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M1グランプリ

M1グランプリ2005漫才日本一の再放送みてたんですけど、タイムマシン3号の点数が低すぎるw

島田紳助さんも、話しにならんな、みたいな厳しいコメントしてたし。
なんでw?
はじめてみる漫才コンビだけどかなりおもしろいと思いました。

そいえばずっと前のM1決勝でも、南海キャンデーズの方があきらかにおもろかったのに優勝はアンタッチャブルだったしな~。

COMMENT

一年目の修行~

やっぱり、南海キャンディーズには期待した上で、修行させたかったんじゃないでしょうかねぇ?

M-1で優勝するって意味は、その次の年に漫才の練習が出来ないって意味でもあります。
ちづちゃんのキャラだけで生きられる世界ではないですし、キャラ漫才は定番がないと厳しいですし。
漫才である以上、ツッコミが頑張るのはバランスが悪いようです。
ボケが分かっててボケないと、それ以上は見えてこない……それを見越して、まだ早いと判断したんじゃないでしょうか。
芸人だからこそ、もっとお笑い筋肉を鍛えておけという檄だったのかもしれません。
そういう意味では、笑い飯が大賞を逃してきた理由もそれでしょう。
M-1で大賞を取るということは、恐らくその時の漫才の出来が左右するんじゃないんでしょう。

アンタッチャブルはそういう意味で、異常です。あの人達の筋肉は、マラソンランナー並ですから。
頭がいい漫才(爆問、アンジャなど)は難しいですけど、
ボケキャラとツッコミキャラがぶつかって出来る漫才は、ハズレが少ない。
安打製造機であり、しかもHRを打てる、まさに漫才界のイチローがM-1王座を穫れるのでしょう。
もしかして、あそこに松本さんや紳助さんといったお歴々がいるのは、
テレビで芸人を潰させない為に体を張っているのかもしれません。
下手な芸能人が面白さで南海や笑い飯を大賞にしていたら、
既にこの世界には二組ともいなかったのかもしれません。
まぁ、ホンジャマカやウンナン、ネプ、TOKIOのような芸人にとっては、
バラエティで司会をする能力によって食っていけるから、
本職の漫才やコントをする必要がもう無いんでしょうけれど、
新人に司会を求めるのはまず無理ですし、その意味でもM-1を穫らせるのは危険です。

それにしても、爆問と海砂利の漫才はまた見たいなぁ……。

にゃるほろろ~。
優勝しちゃうとその後活躍できなくなっちゃう場合もあるのですね~。

そいえば最近は1年ぐわっと盛り上がってその後すっかり~みたいな芸人さんも多いですしね~('A`)。

マンガの新人賞なんかでもそういうことがあるって聞きました。真に優れた作者は、大賞より佳作に多いと。

漫画新人賞はあきらかに佳作の人がたくさん活躍してますな~w

大賞は、自然を大事にとか人情ものとかテーマ性メッセージ性のあるものにあげられて、単なる娯楽作品には上げられないような妙な傾向が(^^;)。
ジャンルによって上下の差別つけたらいかんと思うのですけどね~。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。