スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるある大辞典ネタ 膝関節痛 緩和食材発見!!

歳とってるのに筋肉つけないままスケートしちゃったから、ごくごく軽い右ひざ間接痛になっちゃって、歳もとってるしもう治るみこみないな~という日々なのですけども、最近間接痛のある日とない日がありまして、なんだろうな~と。

痛みといいましても、ごくごく軽いもので、右ひざに加重をかけるとなんかひざが壊れそうな気がする…とゆうぐらいの違和感ですが。

基本的にスケートなど運動した翌日はちょっと痛くなって、翌々日はぜんぜん痛くなくなって、翌々翌日にまた通常の違和感に戻るといったサイクルです。

で、スケートなど運動サイクルとは関係なく痛み(違和感)のない日もありまして、なんだろうと考えてみましたところ、痛みのない日の前日に卵(1個)を食べていたという共通項を発見しました。
完全確定にはいたっておりませんが、多分卵かな~。

そいえば卵の白身が筋肉つけるのにいいって聞いたことがありますが、そのような関係なのでしょうか。
よくわかんねいでげす。誰か研究すれ。

COMMENT

食品系は

そんな簡単に放送できるレベルに研究出来るテーマじゃないんですよねぇ……。
必ずしもそれが効いたとは限らなくて、実際はその逆に悪効果があるものを食べ合わせとして相殺してたりしまして。
んで、それを過度に摂取することで起こる悪効果を副作用と呼ぶわけです。

今言われてるような、プリン体だとか活性酸素だとか亜硝酸だとか、
ほうれん草+かつお節みたいに自然と食べ合わせで効率よく摂取してきたわけで、
近年は一種類の効果よりもこんなのがよくテーマになっとるようで。

ポリフェノールやペプチドって元々からして化学用語なわけで、
化学的に見ればそりゃポリフェノールはワインにもチョコにもお茶にも入っているわけで。

ポリフェノール→健康
お茶、ワイン→ポリフェノール含有
⇒お茶、ワイン→健康
という三段論法なわけで。
ある意味、ガムの結合組織を取り出して〇〇含有量30%以上! みたいなことと変わらないわけです。
直接それが関係してることは分からないから、統計取ったりするしかないんですけど、
実際は食べ合わせとか水質とか気温、保存状態、調理法、摂取者の健康状態、摂取者が前後に摂取したもの……
いろんなものが関わってるんで、一様な実験環境が作りにくい。
だから、後は運良く効果が出ることを祈るか、何度も統計をとるか、
人間の感覚で統計をとる(効果があったと思う、78%)ことでプラシーボ上乗せを図るか。

あるある以前に、そういった分野からして必ずしもではないわけで。
ロボトミーとかゲーム脳とか、後から見ればトンデモ理論はありますし。
まぁ、ひとまず毎食卵を二個食べるようにすると太ることは間違いないかと。お試しあれ。効果絶大!

生卵飲むと筋肉が増えやすくなるのは本当ですか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1311117453

卵単体で食べる、とかより、多品目を3食規則正しく食べ、しっかり睡眠を取ることがベストだと思うます。たぶん。

卵うまいだす。
ゆで卵にマヨネーズつけて食べるだす。
卵もえだす。
もえ~もえもえもえも~ヴァー

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。