スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弟の子供

弟夫婦に子供が生まれました。
もう1歳か2歳になるのかな。
男の子です。
立って歩けるけど、まだ言葉はしゃべれないげ。

わしの顔をみると怖がります。
怖がって目をふせるかつぶるか机の下に隠れます(; ̄Ω ̄)。
それでも怖いものみたさにおそるおそるこっちを見るのですが、目が合うとすぐ目をつぶります。
怖がるといっても別に泣き叫ぶというわけでもなく、硬直すると言った方がいいかな。
つかわしなんにもしてないんですけどね…。
なんもしないから怖がるのか。

それはまぁいいんですが、この子食べるのが遅いw。
家系というか遺伝。
しっかり受け継がれてますw。

私の両親は戦争中に育ったので、食べるのが遅いとか早いとか関係なく食べ物がない時代でしたので、両親が食べるのが遅いのか早いのかはわかりませんが、わしと弟は食べるのが遅かった。
特にわしがひどかった。
私は本当に遅かった。

どれくらい遅いかと言うと、幼稚園で「いのの君は食べるのが遅いので、みんなでいただきますする前に、先に食べなさい」と言われるくらい遅かった。

うちの幼稚園ではお弁当を残すのがだめで全部たべなきゃいけなかった。
なので、みんながごちそうさまをしてもまだ食べてました。
みんなが「今日はおしまいさよおなら♪先生さようならみなさんさようなら♪」と幼稚園終了の歌を歌って、みんなが帰ったあともまだ食べてた。

先生が職員会議してる間も食べてた。
職員会議がおわって先生が教室の掃除をしてる間もまだ食べてた。
机や椅子を教室の後にまとめられてたその中で、もひゃもひゃやってた。
ほんで掃除がおわるころようやく食べ終わって、一人寂しく帰路につくのです。
家に帰れば帰ったで、いつまで食ってんだと母に怒られるし('A`)。
幼稚園の先生にも怒られるし。
そんで緊張のあまり小便もらすし。

小学校高学年になるまで腹減ったという感覚がわからなかった。
漫画やドラマなどで「かぁちゃん腹減った~メシまだ~」なんて会話がよく出てきますが、あれがぜんぜん理解できなかった。
すき焼きでよく肉のとりあいになるシーンなどありますが、あれもまるっきりわかんなかった。
肉なんて硬くてまずいだけじゃん。
お菓子は好きだったけど。

そんな子供でしたw。
弟の子供もそんな道を歩むのかしらと想像w。

COMMENT

なんで、親と先生で話し合って、飯の量減らすとかしなかったんでしょうねえw
いまだといじめですねw


私も、メシ食えなかったー。遅くはなかったけど、とにかく量が食えませんでした。
まさに食事は苦痛でしたw

肉は旨いとは思ってましたけど、それ以上に親の「たくさん食え」が苦痛で苦痛で。

最初の一口二口は凄い美味しいんです。
でも、それ以降はあんまり食べたくない。でも、食べろと怒られるから無理やり食べる。

「小さい茶碗のごはん一杯詰め込むのがノルマ」というのが私の食事の感覚でしたw

毎朝、毎晩、茶碗に麦茶を注いで、無理やり流し込む。






それが社会人になってから四六時中食ってないとダメな体に・・・涙
なんでだろーw ストレス?w

ををみでさんも拒食でしたか~。

わしも最近は食いまくりですw。
ダイエットせにゃ(;´Д`)

>なんで、親と先生で話し合って、飯の量減らすとかしなかったんでしょうねえw

なんででせうね~w。
食うのが遅いというか、食べてる間にぼ~っとしてるというか考えごとしてるといったふうではありましたが(; ̄Ω ̄)

そいや、よくぼーっとすんなとか小学校とか中学校の先生から怒られたな~。
いあ、ぼーっとしてるわけじゃなくて考えごとしてるわけですが(゜дÅ)ホロリ。
考えごとっていうか妄想

きっとね、えろえろオーラがまだ子供には怖く感じるんだよ!w

まじでww

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。