スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バブルへGO!!

テレビでやってた映画『バブルへGO!!』みました。
広末涼子が可愛かったw。
あまり期待してなかったわりにはそこそこ面白かったです。
終盤のどたばた劇は微妙だったけど。

ただこの映画ではまったく語られてなかったけど、バブルってのは銀行と暴力団と不動産屋が組んで三者でぐるぐるお金まわしてたってのが主な構図ででで。

『バブルへGO!!』では不動産融資規制が悪者みたいに扱われてたけど、バブルの中であまりにも暴力団が台頭して社会問題になって、海外でも日本はマフィア国家か?いいのか?っていわれはじめて、そんな中で決めた政策だからな~。

なんだ、この映画は銀行&暴力団の功罪をなかったことにしようとしてるのか?過去の歴史をかえようとしてるのかw?とも思いましたです。

バブル描写というなら『マルサの女2』の方がよく描けてたかな。
『バブルへGO!!』は娯楽映画だから、社会派映画『マルサの女2』と比較するのもなんなんですけど。

今の日本借金まみれの原因はといいますと不動産融資規制というよりむしろ橋本政権の失われた10年の方が罪が大きいんではないかと思います。
広末涼子は可愛かったです。

COMMENT

日本の借金まみれは、不動産融資規制というよりもも、規制をかける前に銀行がアホみたいに不動産融資をやりまくった事に原因があるのでは。
バブルは劇中でいわれてたようにはじけて当たり前なのですから。

ちょうど今アメリカが同じような失態を発生させてるかと(しかも日本の銀行はまた投資していたようです・・・)。
日本のバブル崩壊とまでは行かない規模でしょうけどね。

ヤクザ使って土地地上げしたり立ち退かせたりしてそれを不動産屋が買い上げて転売を繰り返して価値をあげていってその土地を担保に銀行が融資したお金で更に土地を~って図式でしたっけw
当時は銀行にヤクザの親分さん専用部屋あるなんて、よく週刊誌に載ってて(゚дÅ)ホロリ

原因というか、広末さんは不動産規制をとめにいくより、橋本首相の政策をとめに行った方が借金減らせたんではないかということを言いたかったのれすw

>ちょうど今アメリカが同じような失態を発生させてるかと(しかも日本の銀行はまた投資していたようです・・・)。

むむ、またもあいかわらずw

>広末涼子は可愛かったです
そこだけにしか注目していなかったと見た!

(( ̄ω ̄ *)(*  ̄ω ̄))いいえ

|* ̄┏Д┓ ̄|はらてつおと共同で漫画かいて
そしたら買う

|* ̄┏Д┓ ̄|鹿あおによし1/17フジで放映です。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。