スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬神家の一族

映画2006年版「犬神家の一族」がテレビでやっていたのでみました。
旧作「犬神家の一族」を日本映画ベスト10に入れるくらいの犬神ファンの私としましては、新作はあまり期待してませんでしたが、みてみるとやっぱり2006年版はがっかりな作りでした。

脚本も舞台もほぼ旧作と一緒なのにこの違いはなんなんだろう。
旧作には1シーン1シーン、鬼気迫るものがあったのですが、新作はなんかぬるい。
なにか違うのかな~。
役者さんの演技かしら。
画質の違いかしら。
監督さんがお歳なので演技指導不足だったのかな。
役者さんの演技がテレビのサスペンスドラマみてるみたいで、ぬるい。
ぬるすぎる。
犬神の人達ぜんぜん怖くねぇ。

なんで、三谷幸喜さんちょい役とはいえ素人をだすかね('A`)。
もっと1カット1カットを大切に撮ってほすいと思いました。
深田恭子さんはお嬢様っぽすぎて女中さん役は合わないと思いました。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。