スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

例のガッシュ作者さん小学館事件 昨今の漫画業界

編集部員が漫画家にあまりにひどい扱いしてるなど、小学館関係がごたごたしています。
現在出版不況で漫画も昔ほど売れなくなったといわれてます。
かつて何年かおきに出ていた社会現象をまきおこすこどの大ヒット漫画も、今はさっぱり出なくなってしまった、といわれてます。

漫画雑誌を考えるに、小学館関係はよくわかりませんが、大ヒット漫画が出ないというのはどうなのかな~。
多分、大ヒット作品をつくれる漫画家の卵はあらわれてますよ。
確率的に。
ただそれを編集部員さんが見逃しているだけかと。

過去の大ヒットを作り出す漫画家さんが、どうやって世に出てきたといいますと、本当にもう、偶然による偶然の重なり&一人の編集部員さんの強烈なプッシュ、というケースがほとんどですねん。
必然的に出るべくして出てきた、という漫画家さんはほとんどいないようです。
編集部全員がもろ手をあげてプッシュして大ヒットなんて例はあまり聞いた事がなく。

少年誌における女の子萌え漫画のハシリ『うる星やつら』の高橋留美子さんも、最初講談社で断られ、小学館でもまったく相手にされてなかったそうですが、編集部員Oさんただ一人だけが女の子が可愛いからという理由で大プッシュしたそうです。
ほんで高橋留美子さんの漫画はとりあえず佳作ってことで踏みとどまり、その後時代をかえるほどの大ヒット作品を生み出しました。

当時の各編集部の共通認識は、スポ根漫画大前提で、女の子メインの漫画なんかだめだめでしかもSFなんか論外、というものでした。
当時の編集部員さんによる漫画家入門や新人評には、漫画家の卵はよくSFを描こうとしますがだめです、スポ根描いてください、スポ根じゃないと載せません、みたいなことが書いてありました。

編集部員Oさんが小学館に就職していなければ、漫画編集部に配属されていなければ、高橋留美子さんも世に出ることはなく、時代はかわっていたといえましょう。

juneジャンルのハシリ(というかジャンル創始者の一人?)、『日出処の天子』を描いた山岸凉子さんも、編集部の偶然によって世に出ることができました。
田舎から上京し、集英社のある編集部に持ち込みしたのですが、箸にも棒にもかからずくそみそにけなされ、失意のうちに集英社の会社内をふらふら歩いていたところ、別のお子様向け漫画編集部の部屋があり、なんかケンダマしてる(だったと思う)編集部員さんがいたので漫画をみてもらったら好評価で、その後漫画家デビューというしだい。

今、大手の出版社内を、外部の人間がふらふら歩くということはできるのでしょうか。
多分できないと思う。
持ち込みも、待合室みたいなそゆところでみてもらって、社内に入ることはできないと思う。
つまり今の時代でしたら、山岸凉子さんは出てこれなかったということに。

あとたけくまさんのブログでも、

「マンガなのか便所の落書きなのかわからない」と編集部全員が掲載に反対したどおくまんの作品を、辞表をポケットに忍ばせて「ヒットしなかったら会社を辞める」とただ一人頑張り、『嗚呼、花の応援団』を神風級の大ヒットに導いた双葉社の小尾さんであるとか

て書かれてます。
『嗚呼、花の応援団』っていうのは、映画が何本もシリーズ化されたほど、の大ヒット漫画です。

『ベルサイユのばら 』もね、池田理代子さんがもうそろそろ好きなものを描かせてくれと編集部に懇願して描いた漫画だそうです。
編集部は、しょうがないから描かせてやるけどヒットしなかったら捨てるからな、という感じだったらしき。

『トーマの心臓』『ポーの一族』『スターレッド』の萩尾望都さんもそのような感じだったらしき。
最初はお菓子のような甘い恋愛漫画を描いていたのですが、本当に描きたい漫画をネームにしたためて信頼する編集部員にみせたら、むつかしいけど載せてみるか、という判断で大ヒットはおろか漫画史において金字塔となる作品連発。

新條まゆさんはブログの中で

これからやって行きたいこと。描いてみたいお話。雑誌。
しかし、小学館の少女漫画雑誌の一番偉い方には
「甘ったれるんじゃない!」と言われてしまったのです。
やりたいことを伝えて何が悪いんでしょう。描きたいものも描けずに
求められるものだけ描いてればいいと言うことでしょうか。


と書かれています。
今の小学館でしたら、萩尾望都さんも池田理代子さんも漫画史に残るほどの名作を描くことはできなかったでしょう。

これらのお話しは、漫画のあとがきや雑誌のインタビューなどで表に出ている話しで、この他にもまだまだたくさんの裏話しがあることと思います。

以上のようなことを総合していくと、大ヒット漫画の生まれる環境というものはいかに危ういか、綱渡りのように細い道をかいくぐって生まれてきているか、ということ。
大ヒット漫画がでないのは時代のせいではなく、そのチャンスを逃しているから、という話しにもなると思います。

で、結論。
漫画編集部全体・組織で漫画をつくっていこうというより、編集部員一人漫画家一人のマンパワーによって漫画をつくりあげていくほうがおもしろものものができる、という法則?

ちなみにジャンプは昔からこの方式だったようですねん。
「うちはヒット作が生まれたら全部担当の手柄」というようなことがジャンプスクエアの編集の人がインタビューでゆってました。

あとカオス。
混沌としたシステム。
映画なども、先進国より発展途上国の方がいい映画が生まれる、とおすぎさんがゆってましたし。
昔は時代そのものがカオスぎみでしたので、ほっとしてもカオスでしたが、今は違うので、人為的にカオスを作り出さなければいけないかも。

ちなみにお笑い会社の吉本興業も人為的なカオスシステムを取り入れてるようです。
入社採用基準を松竹梅と一定割合まぜこぜにしてるそうな。
普通大企業でしたら、高学歴の優秀な人しか採用しませんが、吉本興業は高学歴な人に加えて何割かは、なんだコイツだめだろ、という人材もあえて入社させてるそうです。

-----------------
週刊サンデーに漫画家続々苦言 小学館はどうなっているのか
http://www.j-cast.com/2008/06/09021499.html

小学館を訴えた週刊少年サンデー連載の漫画家が、訴状や陳述書まで自らのブログで公開している。「漫画家をバカにするな」との思いからという。ほかにも苦言を呈する漫画家が続出しており、小学館は困惑している様子だ。
J-CASTニュースより~
-----------------

COMMENT

本能のおのむくままにエロ描けば
おkってわけです(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ

エロこそ全てですだ('A`)b

漫画→?

出版社しか本を出さなかったから、大ヒットが生まれた……とも言えるのかもしれませんけどね。

版元→取次→書店というシステムは、大正辺りの文庫ブームに対応するために出来上がったそうで。
同時は電車が配送ベース(高速は1963~)ですから、発着ダイヤに合わせて発送が行われたとのこと。
逆に地方が仕入れるにはそれ以外に方法がなかったので、地方の需要で出来上がったとも言えるのでしょう。

一方、近年の大ヒットが東京で『作られる』という状況でネット時代に突入し、大した対策もせずに現状に至りました。
実際、東京圏は確かに40%の人口がいますが、60%である地方に新刊が出回らない現状では、そりゃ先細りでしょう。

むしろ、ネットの即時性を使えば、逆にブームは作りやすい筈なんですけどね。
実際、去年はモーニングツー連載の『聖☆おにいさん』がmixi内でも話題になってて、以前のバイト先で平積みを勧めてたら、相当売れたみたいですし。

それを、電子書籍とか安易に目先の版権売りするから、今まで培った信用を削っていくわけで。
電子書籍で売って、雑誌に還元されることはないですし、代替品があると殊更分散が起きてコストは上がりますし。
『千円札は拾うな』なんて一昨年のベストセラーもありますが、実際にはコスト以外の損益が多いことを色々やってるんですよね、今の出版社。

コミックビーム辺りの編集者と著者との関係を見てると、結構泥臭いながらも何だかんだで楽しそうに雑誌作りしてます。
こういう雑誌(というか編集部)は是非とも無くならないで欲しいなーと切に願います。

コスト重視で失敗した例は今の派遣を見ても明白ですが、金では現れてこないもっとアナログで大事な何かを見ないと、先が無いような気がします。
単に電子書籍へシフトしろと言うのは簡単ですが、一度失ってしまったら恐らくワンコインで漫画が買える時代は二度とやってこないでしょうから。

小さな町の本屋さんもずいぶんつぶれていってるという話しですしね~。
厳しい話しだす('A`)

電子漫画が流行るとますますその傾向がw
あぁしどい。

pcベースは画面が広いからいいとしても、携帯ベースの読み物はどうなのかしら。
4コマ漫画などライトのものならよさそうですが、火の鳥や北斗の拳やデビルマンとか重厚なものはあわなそうな気もします。

でも売れてるって話しですしね~('A`)

電子書籍売れる
(ライトな作品が好まれる)

本屋がつぶれる
(重厚な作品の売るところがなくなる)

というふうになってくるのかな。
ぶひ。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。