スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2代目政治家の限界

こないだ『TVタックル』みてましたら、福田元総理のやめぎわのやけくそインタビューが放送されてまして。
年金かなにかの不祥事についてのインタビューだったと思うんですけど
「じゃどうすればいいんですか?教えてくださいよ。政治家が役人を全て監視しなけりゃいけないんですか?どうなんですか」
と、おっしゃってました。

元からある地盤を受け継ぎレールに乗って政治家になった人って、創りあげるという発想がないんだろうな多分。

役人に不祥事をさせないようなシステムを作り上げるって発想、0から何かを創りあげるって発想がないんだろうな、と思いました。

1代目議員と地盤を受け継いだ2代目移行の議員さんのノウハウの差ってものすごいものがあるんだと思います。

人の気持ちを動かすにはどのような言い方をしたらいいか、気持ちよく部下に仕事をしてもらうにはどのような言い方をすればいいかとか、組織の作り上げ方とか、誰が本当のことをいっているか嘘をいっているか、本当の敵は誰か味方は誰か、そゆノウハウなどは1代目議員さんが圧倒的なものを持っていると思う。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。