スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット批判のテレビ番組

昨日のフジテレビの番組「たけしの日本教育白書2008」、太田光さんを殺害予告して逮捕されたパンツさんが生出演ということを聞き、つらつらみてましたけど、パンツさん出演されなくてあら~なんだよ~。肩透かし。

爆笑問題とビートたけしさんが、さまざまな教育問題について語りまくるという番組です。
ネット問題についても語られてたけど、なぜだかそのテーマだけは一様に出演者全員テンション下がりまくりでした。

で、そのテーマでさかんに司会者が「ネットは匿名ではありません。殺害予告すれば簡単に逮捕されますからね」と言っていましたが、ネットが匿名という印象を植えつけたのは当のテレビじゃん~と思った。

今までネットは匿名だからだめだ便所の落書きだと非難する情報番組が数々放送されてきましたが、必ずといっていいほどネットに詳しい人は出演せず、ネットを知らない人がネットとはこういうもんだと決め付けて、文句いってるような感じの番組つくりがほとんどでした。
まさにバーチャル。

先週のTBSの『水曜ノンフィクション』でもネットに詳しくない人たちが、ネット=匿名という前提で、一時間文句いいまくりで。
『水曜ノンフィクション』みてて、おまえら本当にネット犯罪なくしたいなら、ネット=匿名でない、ということをちゃんといえよ、ネットに詳しい人を出演させれよ、と思った。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。