スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年サンデー感想

前に少年サンデーのガッシュ事件のエントリーを書いたときに、ちょっと小学館の悪口を書いてしまいましたが、あれです、現在の少年サンデーはおもろいです。

高橋留美子先生の『境界のRINNE』、大高忍先生の『マギ』、若木民喜先生の『神のみぞ知るセカイ』がおもろいです。

高橋先生の漫画は好きなんですけど、前の作品の『犬夜叉』はなじめませんでした。
シリアス路線でギャグがあましなかったから。
新作の『境界のRINNE』は、以前の高橋留美子風味に戻ってきた感じでコメディしていておもろげ。
犬夜叉を読んで、あー高橋先生はもうギャグは描けなくなってしまったのかなと思っていたのですが、そうではなかったようでなによりでした。

『マギ』は久々に漫画を読んで思わず笑ってしまいました。
ここ10~20年、漫画を読んで笑うというこがまったくなかったので、久々。
で調べてみたら、大高忍先生は『すもももももも 〜地上最強のヨメ〜』という漫画も描いていたとのこと。
『すもも~』は前にアニメで1話だけみたけどあましおもしくなかった。
けどこれを機会に漫画の方の『すもも~』も読んでみたのですがこれが大変おもしろかた。
お話しの作りや見せ方のクオリティもかなり高げ。
ギャグの人は、根をつめると精神的にアレしてしまうという例がたくさんありすぎるので、大高先生もどうか御自愛くらはい。

『神のみぞ知るセカイ』はいわずもがなだ。
さすが人気でてるだけとのことはありもす。
萌えコメですが、ヤクルトのおばちゃんなど、萌え以外のキャラクターのとらえ方もすごくうまい。
あーちゃんと地の実力がある人だなと。

すかす週間連載漫画家さんってすごいよな~('A`)
ネーム描くだけでもえらい時間かかるのに、その上に原稿作成まで一週間でやっちゃうんだもの。

といいましても、原稿作成の面だけみれば、遅筆のわしも1日1ページは仕上げられるので(でも下書きは入れないでだけど(TT))、アシスタントの人が7人いて3日あれば、7人×3日でまー21ページは無理せずあげられるかな。
ただネームがね~、下書きがね~、あのクオリティで1~3日でやっちゃうというのはほんに神業だと思う。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。