スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インラインスケート ストライド3のコツ

ブログには書いてなかったんですけど、インラインスケートをぽちぽちやってます。
ストライド3も微妙ながらだんだんできるようになってきました。
1人で滑ってて他の人にみてもらってないからわからないけど、多分できつつあるとおもふ。

ストライド3概論はこちらのエントリー&コメントで~。

コツとしましてはやはりあれですね。
慣れですね(; ̄Ω ̄)

といってしまっては身も蓋もないのでコツみたいのを書いてみる~。
間違ってるかもしれませんが。

まず片足走行(ワンフット)ができるようにして、ストライド2をマスターする。
これが大前提です。
片足走行の練習はもう力技で何回も練習するしかなさげ。
よろめきそうになったら、かかとに加重をかけ、つま先を微妙にコントロールすれば長く滑れます。

片足走行できるようになったらストライド2はあとはフォームの調整ですので、そうむつかしくはないかも。

で、ストライド3ですが、コツですが、上半身の固定にあるとみました。
軸足がアウトエッジにうまくのれないというのは、私の場合、上半身が左右にぶれてしまっていたからなんですね。

インラインスケートは、左へ蹴り~右へ蹴り~とジグザクに方向に移動しながら進みます。
私の場合、左斜め上に移動するさい上半身も左斜め上に向いてしまっていたのですね。
だもんで、アウトエッジに乗るのも一瞬で、すぐセンター乗りになってしまうという。

それを上半身を進行方向まん前へ向かわせる。
スケート靴は斜め前を向いている&上半身は進行方向へ向いている、という状態。

尾てい骨を中心に背骨をがちっと固定するイメージだとわかりやすいです。
その状態で、軸足を地面につけるタイミングをストライド2のときよりワンテンポ遅らせる。
さらに蹴り出す足を踵に加重をかける。
お尻に加重をかけ、そこから地面に下に向かって(横ではなく下というイメージ)蹴るとよさげ~。

まとめると

・片足走行&ストライド2のマスター
・尾てい骨を中心に背骨の固定
・軸足をワンテンポ遅らせる
・蹴り足は踵加重

この4つ~。

で、ストライド3、滑ってみてわかったのですが、普通に滑ってる分にはあまり必要なかったりします(^^;)
むしろメインはストライド2。

といいますのも、ストライド3は軸足をワンテンポ遅らす分、蛇行幅が大きくなってしまうんですね。
だもんで、馬力はあるんだけどスピードはでなげ。
あと踵加重になる分、前傾姿勢をとれないので、スピードにのれなげ。

使いどころとしましては、加速したいとき・向かい風のとき・上り坂のとき、かな。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。