スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍耐力とか仕事力の数値を導き出す公式

金融日記さんの「天才小学生たちはどこに消えた?」というエントリーを読みまして。

かつて神童とよばれた天才的に勉強のできる子供たち、実は大人になるとあんまりたいした仕事はしていない、という内容のエントリーです。

これは私も感じてました。
親戚付き合いしているお兄ちゃんに、ものすごく天才的な頭脳の持ち主な人がいまして。
勉強もぜんぜんしなくて東大入学できたんですけど、じゃあ東大卒業して何してるかというと、仕事もしないでプラプラしてましたw

IQの高い人しか入れない海外の団体の特集をテレビで放送してるのをみたんですけど、ものすごい研究している教授とかノーベル賞候補の人とかばんばんいるんだろうなと思ってたんですけど、実際は小学校の先生とかそゆ職業の人ばかりでした。

一番IQの高い人はクイズの賞金稼ぎだったかなw
ショボーーーwww

で、以上のことから導き出した公式です。

テストの点数=IQ+忍耐力
仕事力=IQ/10+忍耐力×10


てな感じ。
ここでは簡易的に忍耐力って言ってますが、やる気力とか努力値とか人間パワーとか神秘のエネルギー(?)とか言い換えてもらってもいいです。

で、仕事のできるできないのカナメは忍耐力なわけですが、でも忍耐力ってなかなか数値化するのはむつかしいと思われるのですが、上の公式をローレンス変換すると簡単にできます。
忍耐力の数値化。

忍耐力=テストの点数-IQ

具体的にいいますと、このくらいのIQならこのテストで何点とれる、という平均値を出しておきます。

IQ70だとだいたい50点はとれる。
IQ200だとだいたい100点はとれる。

というような平均値。
その平均値を基準に、どれくらい点数上減があったかが忍耐力の数値となります。

IQ70で70点とったなら+20の忍耐力。
IQ200で90点とったなら-10の忍耐力。

といった具合。
忍耐力偏差値。略して忍偏。
わし命名。

組織トップの人は入社試験の選定基準にどうぞ。

東大タレントの高田マイコさんが「東大生ってのはあまり勉強しなくてもテストの点数がいい人ばっかりなんですけど、たまにモーレツに勉強だけしてますってガリ勉くんタイプの人も入ってきて、そゆ人は大抵ついてこれないですね( ´、ゝ`)プッ」とかゆってました。
でもむしろ社会に出て仕事ができるのはがり勉くん。

COMMENT

努力というより情熱じゃないかなと。

ユニクロの柳井みたいに情熱が青天井の人はやれるところまでやっちゃうし、そうじゃない人は「こんなもんでいいか」でやめちゃうし。

勉強しないで東大いけるような人はそういう心の本気みたいなのがあまりなかったりする気がします。でもそういう人って少しでも稼ぎたいなという意思を持ったときにはやっぱり常人の1/10の努力で同じ稼ぎしちゃったりしますが。

経営者に一番大切なのは、「これでいいと思わない心」ってよくセミナーなんか行くとそういう話聞きます。逆に言うと俺なんか一番向いてないなとか思ってしまう、耳の痛い話ですが。

ぐえぐえw
情熱とかそゆモチベーションって、そんな重要視されないというか、これを上げるのは簡単そうで結構むつかしがったりするんですよね~。
学生時代、わしより絵のうまい人はごまんといたのですが、一生をお絵かきについやそうとしてる人は皆無でした。
東大生などIQの高い人たち、本気になればなんでもやれそうな気もするんですけど、一生涯を何かに賭けるという情熱的な人は少ないのかもしれやせんね~。

この記事を読んで

「5歳で神童、10歳で天才、15歳で秀才、20歳過ぎればタダの人」

って言葉を思い出しました。

ほんとこの言葉そのものですねん~。
やっぱり神童の人って普通の人が10分かけて覚えるところを1秒で覚えちゃったりすものですから、一見すごいようにみえるのですが、その分努力するってことを知らないんでせうね~。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。