スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「都健全育成条例改正案」毎日新聞論説委員が規制反対にまわってくれたよ

ラジオやBSテレビで「非実在青年・東京都健全育成条例改正案」のことをちらほら放送しております。

BS11「インサイドアウト」とTBSラジオ「Dig」でもこの話題を特集してました。
大学准教授藤本由香里さんが、改正案の問題点を懇切丁寧に解説する番組でとてもわかりやすかったです。

しかし規制を推し進める人たちがぜんぜん出てこないというのは残念でした。
規制賛成意見も聞きたいんだけどな~。
規制賛成派にも出演依頼はしてるのだそうだけどみんな断ってしまうんですって。

こないだ「PRIME NEWS」で規制賛成派として出演された東京都副知事の猪瀬さんも断ったらしき。
そんな表のメディアに出てこない規制賛成派さんですが、実は裏の見えないところでは活発に活動しているらしいです。

---------------------
民主党都議から連絡がありました。
現在、自公と青少年治安対策本部が、もともと改正条例に
賛成だった生活者ネットに相当な勢いで攻勢をかけているとのことです。
生活者ネット3人の都議が賛成に回れば、
改正条例は可決される可能性が高くなります。
早急に生活者ネットへのロビー活動が必要です。


藤本由香里さんのミクシーコメントより~
---------------------

うぬぬ…。

BS11「インサイドアウト」感想~。
藤本由香里さんに加え、毎日新聞論説委員の方も出演されていらっしゃって、この方がどんな意見をいうのか興味があって注目してました。
といいますのも毎日新聞はしきりに「単純所持も禁止してアニメや漫画も児童ポルノに含めて規制すべし」という記事をけこう書いてますので。

番組では、毎日新聞論説委員さんはあまり発言はされなかったのですが、「児童ポルノは国際的に~云々」と中立解説しつつもなんとなく規制賛成したいけどどうしよう、という風にみえました。
しかし最後は藤本由香里さんの、わかりやすい解説に納得されたのか、「アニメや漫画は外国にもアピールする文化として規制してはいけませんっ(キッパリ!!)」とおっしゃってました。

で、感じたのですが、あぁ毎日新聞さんは規制賛成派(日本ユニセフ等)のロービー活動意見ばっかりにしか耳を傾けていなかったのだな、そもそも規制反対意見はちゃんと調べてなかったんだなと。

社会学者の宮台さんがラジオで「規制賛成の人も、ちゃんと丁寧に規制の問題点を解説してあげると最後はみんな規制反対にまわってくれる」とおっしゃってたのですが、その通りだなと。

規制反対意見は、今まで草の根運動やネットブログなどが主で、司令官というか中核の人がいなかった風なので、詳しい人は詳しいけど、調べてない人はまったく知らないという状態でしたから、特に新聞社など大手メディアはネットを敵視しているという風潮もあるので、規制反対意見など聞く耳もたなかったのだと思います。

それが、ここ昨今の大学漫画学部開設などあいなって、編集部の人や漫画家さんや漫画評論家さんなど教授に任命されることが多くなってきて、その方々の主張する反対意見も重みを持つようになってきたので、毎日新聞論説委員の人もちゃんと耳を傾けるようになった、と分析。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。