スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコン通信時代ののログ郡はネット史の研究対象として残しておくべき

ガジェット通信に『“w”の意味と由来知ってる?』という記事がありまして。

それによりますと"w"の起源はディアブロからと書かれていましたが、確かわしディアブロ前のパソコン通信ニフティサーブフォーラムでも使ってたような気がするぞ。

と、思いニフティーサーブのフォーラムまだ見られるかなとぐぐってみたところ、もう閲覧はできなくなってるそうで。
ネットの歴史をさぐる重要なログ郡なのだから、研究対象としてなんかの形に残しておいたほうがいいんではなかろうか。

わしも前の壊れた古いパソコンのHDDの片隅にパソコン通信のログが残ってるかもしれないけど、どこやったっけかな~。
もうないかな~。
でも探すのめどいからやめ。

COMMENT

ディアブロで正解じゃないでしょうか

もしかしたら、ニフティで使ってる人が居たかもしれませんが、ディアブロ発売前はインターネットでも(笑)が一般的で、CGIチャットでも日記サイトでもwを使うケースはまれだったと思います。

日本語入力が出来ないディアブロの普及とその苦肉の策の(warai →(w
が無かったとすると、今でも(笑)がポピュラーだったんじゃないかなーとか。
ディアブロでは、ロビーで毎日のように
w tte nandesuka?
って聞いてる人が居たじゃないですか。


ニフティがwの起源と言うのは、韓国人が偶発的な事例を用いて○○はウリが起源ニダ!っていうような話に近いかと思います。

アリマ。そでしたっけw
ディアブロもけこう古いですから、パソコン通信末期とインターネットの初めの時期が重なってた頃に、ニフティーで"w"みたのかも。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。