スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画ネーム、捨てゴマの勉強

「ブラックジャックによろしく」の漫画家・佐藤秀峰先生がネームを公開してました。

一色登希彦×佐藤秀峰  合作漫画製作ノート

「漫画家の卵さんがなかなかおもしろい漫画描けなくて編集部に文句言われて四苦八苦してる」というお話しなんですけど、そんなに突出したお話しでもないんですけど、それでもかなり読ませるというのはやっぱりネーム・構成力が優れているからなんだろうなぁと。

勉強になります。

たいして面白そうなお話しじゃなくても、コマ割り・構図・セリフの持っていき方、などネーム力によっていくらでも面白いお話しに仕立て上げることが出来る、という見本なのではないかなと思います。

ちなみに2稿では、一色登希彦先生が手を入れてますが、わしとしては1稿目の佐藤先生の方が好みかな。
2稿目だとキャラ設定とヒロインの扱い方が暑苦しくて、ボクトツとした1稿目の方が好み。

あと佐藤先生、捨てゴマ(背景だけのコマ)の使い方がうまい。
捨てゴマというのがもったいないほどうまい。

わし判定で捨てゴマのうまい漫画家さんは、佐藤秀峰先生の他に、「バカボンド」の井上雄彦先生と「無限の住人」の沙村広明先生。
もしかしたら他にもうまい人いるかもしれませんが、あまりたくさん漫画読んでないので('A`)

あだち充先生のタッチ等も捨てゴマで有名ですが、そんなにうまい使い方でもないと思った。
捨てゴマ多用しすぎな感じがして。

COMMENT

佐藤秀峰先生は捨てコマはうまいのでしょうけど、どうも生き方が不器用な気がしてなりません><

佐藤秀峰先生はわかったので
いのの先生の新作はまだですか
捨て鹿を多用していいからはやくしてください

佐藤秀峰先生はわかったので
画太郎先生の評価をお願いします
捨て鹿を多用していいからはやくしてください

>くまさん
あんだけ実力はあるのだから仕事にはことかかないと思うのですが漫画という作業は過酷ですしねん~ぐふぐふ('A`)

>べくとさん
なんとかこれならいけるかなというネームはようやくでけました。
原稿作業をつらつらとしてまま('A`)

>しかさん
そいえば最近珍遊記よんでないな~。
単行本になったらよみまふ。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。