スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロ漫画販売自主規制は進んでいるのに「自主規制は必要」という論

昨日、青少年育成条例にからむ都議会ネット中継をみました。

あいかわらず、都庁の説明では「街はえげつないエロ本が野放しにされている」という前提でお話しをされていました。
ブログやツイッターなどの規制反対意見をみても「規制には反対だけど、ロリエロ漫画の自主規制はしなければだめだ」という論もたまに見かけます。

評論家でロリ好きを公言なさってる東浩紀さんも、ツイッターで

hazuma
で、そういう観点で見ると、確かに近親相姦ものとかけっこうある。だからせめてそれだけでも流通規制しようぜってことになってる。この論理に反対するのは難しい。絶対に何回もやってくるよ。「児童虐待と近親相姦を描いているロリコンマンガは関係ない」と人々を説得できなければ(無理だと思うが)。
1:13 PM Dec 7th webから


とつぶやいてます。

でも不思議なのは、私も街の本屋にたまに行くのですが、そんなにエロ本を野放しに売っている本屋さんなどほとんどないというかまったくないんだよな~。
東京コンビニだと、エロい雑誌は中がみられないようシール止めしてあるっていいますし。

都庁の人はPTAに条例趣旨を説明するさいに、過激なエロ漫画を取り出して「お母さん方は知らないかもしれませんが、こんな本が子供の買える場所にあるんですよ」と言っていたそうです。
でも知らないのも当たり前で、そもそもそんな本屋さんなどないんだと思う。
あれば気づくでしょ普通。

いまや成年指定されていないロリエロ雑誌の代名詞となった「チャンピオンREDいちご」でも、売ってるところは少ないし、売ってても普通にビニールがかけてあって立ち読みはできません。
小学生が買おうと思ってもそう簡単に買える状況にはないです。
無理やり買おうと思えば買えるかもしれませんが、都庁の説明するように簡単にほいほい買えてしまう状況にはありません。

エロ本がたくさん売っている秋葉原の本屋さんも、18歳未満店内入場禁止のお店が多いですし。

雑誌協会の人も「自主規制はすでに行っていて効果はちゃくちゃくとあげている。年々有害指定される本は減ってきている」とおっしゃてました。
「これまでは都庁とも相談しながらそうやって自主規制をちゃくちゃくと進めてきたのに、今回いきなり条例になってあがってきてびっくりしている」といった状況なのだそうです。

「自主規制しなきゃだめだ」と言う人はどういった状況をみて、街にロリエロ本は氾濫しているという認識を持つにいたったんだろう。
「チャンピオンREDいちご」と「チャンピオンRED」を勘違いされているのだろうか。
商品点数だけをみて、ロリ漫画は街で氾濫して子供でも買える状況になっている、と思ったのかな。

20年前は、街に必ず1店はエロ漫画(単行本)置いている本屋さんがあったのですが、今やもうまったく皆無でして。
いや、残念なことですが。

むろん、無造作に(無造作にね)ロリエロ漫画を取り扱っている本屋さんも0ではないと思いますが、少なくてもよっぽど探し回らなくては見つからない。
レアケースを持ち出して「これが一般的な状況ですっ」って言われてもなぁ。

COMMENT

|* ̄┏Д┓ ̄|2行で飽きたが、キヨスクで販売すれば満足か?

|* ̄┏Д┓ ̄|意味ふ

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。