スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青少年有害図書規制審議会のツイッター連動生中継

前の前のエントリーで東浩紀さんのよくない評価を書きましたが、今度はよい評価ををを。

東浩紀さんが、ツイッターで猪瀬副都知事に、青少年有害図書審議会のツイッター連動生中継を提案し、猪瀬副都知事もそれに協賛する発言をつぶやきました。

Togetter - 「東氏、猪瀬氏に提案をする」
http://togetter.com/li/86323


審議の透明性がはっきりしますのでいい試みだと思います。
といいましても、猪瀬副都知事は東京都漫画アニメ規制条例の担当ではないようですし、つぶやいたのも一言二言だけですので成立は薄いと思いますが、しかし東京都ナンバー2の協賛言説をとれたのは、かなりの成果でしょう。

今回の条例改正案は「エロ描画がなくても、ストーリーの是非によってエロ漫画と判断する」というような施行規則も加わり規制範囲も大幅に広がりました。

その上、都庁が簡易規制できるのに対し、出版社側が意義を申し立てるには裁判しかないという理不尽。

科学的根拠のない趣旨でつくられ、また効果も不明な割には、出版社をつぶすことも出来る強力な条例なので、なんらかの抑止力システムを加えるべきです。

行政の信頼だけで社会が成り立つなら三権分立や憲法はいりません。
これから児童ポルノ単純所持規制など警察権力拡大の法案成立も待ち構えてます。

反対するだけではなく、権力拡大の分だけ抑止力のシステムを加えるという方法もありだと思いました。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。