スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュタインズゲート またネタがかぶった(TT)

アニメ「シュタインズゲート」面白い~。
やっとお話しが動いてきた感じがあります。

ストーリーは、主人公の岡部倫太郎が、メールのみ送れるタイムマシンを偶然発明。
しかも岡部くんは、過去が書き変わっても自分の記憶だけは改変されない能力を持っていた。
そしてそれを利用して世界を救う…のか?…といった物語りです。

で、まったく関係ない話しなんですが、自分の描いた漫画が偶然その時発表された他の作品に似てしまう、ということがよくありまして。
ブログでもちょくちょく書いてるんですけど。

僕の彼女はサイボーグ 感想~」エントリー参照。

それは自分の作品の方が先になる場合もあるし、後になる場合もあるし、同時という場合もありまして。

で、ここ数年漫画のネームばっかり描いてまして。
原稿と言う形にはしてないですけど。

シュタインズゲートのネタがですね、またしてもわしが1年前に描いた中編漫画のネームとそっくりででで…。
うむむむむ。
シュタゲおもしろいんだけど観てて悲しいという…(TT)

シュタインズゲートは2009年10月15日発売なので、わしのネームより前に発表されているわけですから、発表してればパクリだと思われてるところでした。
ネーム寝かせておいてよかった…のか?

ちなみにわしの中編漫画のあらすじ。
題名は「モエちゃんのタイムマシン(仮)」

----------------
主人公は高校生のさえない普通の男子タカシ君(仮)です。
普通の男子といってもちょっと変わった癖がありまして。
タカシ君は道端で急に1人で変な踊りを踊る、妙な癖があるのです。
それには、とあるとてもとても重要なわけが…。

で、場面転換。

タカシ君にはお兄ちゃん大好き系の妹モエちゃん(仮)がおりまして。
お兄ちゃん大好き系といいましても、かなりかわった娘でありまして。
「お兄ちゃん大好き~ラブラブ♪」と甘えながら、兄に突然道路で変な踊りをさせたりとか、常に妙なことをさせようとする。

そして妹に甘えられるたびタカシ君は思うわけです。
『僕に妹なんかいたっけ…?』

さらにある日、もう1人突然ツンデレ系の妹クロちゃん(仮)がいることになってまして。
モエちゃんと双子の妹、クロちゃんです。
タカシ君は『いや、絶対妹なんかいなかったよな…』と思うのですが、みんなは普通にクロちゃんを妹と認識してる。

で、クロちゃんは、モエちゃんが兄に変な踊りをさせようとするのを邪魔するわけですね。

バトルが始まります。
双子の妹同士の。
タカシ君はどっちかってーとモエちゃんが可愛いと思っているので、モエちゃんの言うことを聞いて、変な踊りとかしちゃう。
クロちゃんは悔しがったりする。

妹バトルも佳境にさしかかったころ、タカシ君が聞くわけです。
「おまえら、誰だ?」と。

しかしモエちゃんはいなくなりそこに置手紙が。
『いよいよ次でお兄ちゃんのお仕事もおわり。そしてお別れ。私は○○ビルの屋上にいます』

クロちゃんの種あかしがはじまりました。

実はモエちゃんクロちゃんは、人類が絶滅する未来からやってきた未来人。
過去を改変させてタカシ君の妹として生まれてきたと。

ほんで人類が絶滅する運命から救うための、過去の改変を、タカシ君に変な踊りとかをさせることによって行ってきたと。

絶妙なタイミングで変な踊りをすることによって、それみた人の行動が微妙に左右され、それが積み重なって、おこるべき事故も回避されて、やがては人類が救われる道へ改変されると、こういうわけです。

でも、人類が救われちゃうと、モエちゃんも過去にやってこないことになり、また人類は滅亡の道を歩んでしまうわけです。
で、それを繰り返しをしまくっていると時間が崩壊してしまう。

そこでタカシ君の出番です。
タカシ君は過去が書き変わっても、自分の記憶は書き換わらないという能力を持っていたのです。
(これがシュタインズゲートと同じネタ、しくしく)

だもんで、地球が救われモエちゃんが生まれなかった時間軸の中でも、モエちゃんと一緒にすごした記憶はタカシ君に残るから、モエちゃんに指令された変な踊りとかをやってもらって、モエちゃんがいなくても時間を改変してもらおう、というわけ。

で、クロちゃんがなんでそんなモエちゃんを妨害しようとしていたかというと、クロちゃんは自然保護団体グリンピースのメンバーで、人類が自滅するのが運命ならそれは改変してはいけない、自然のままにまかせよう、とする思想の持ち主だったから。

モエちゃんの置き手紙を読んでいるタカシ君に、クロちゃんは言うわけです。
「もし、タカシがその手紙のいうとおり、モエのいるビル屋上に行って最後の指令を行うと、もうモエには一生会えないよ。人類が救われたらモエは存在しないことになってしまうもの。そしてもちろん私も…」

モエのもとに行くか行かないか。
行けば人類は助かるけどモエはいなくなる。
行かなければ、モエはタカシ君の元にずっと残り続けるけど、最後の指令は果たせず人類は滅亡してしまう。

さぁどっちだ。
で、オープニングに戻るわけです。

おしまい。

COMMENT

世の中、厨二病が大流行やの~
スキンヘッドでガタイのいい妹クロちゃん・・・ゴクリ

(゚ロ゚;)ギョェ

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。