スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CGハブサイトの移り変わりをつらつらと

そいえば「CG定点観測」さんが7月で更新停止してたんですってね~。
お絵かきハブサイトの時代の移り変わりを感じます。
ちょっと感慨深です。
わしも一時、CG定点観測さんに観測されていた時期がありました。
お疲れ様でした。

というわけで、お絵かきハブサイトの移り変わりを、つたない記憶を頼りにつらつらつづってみる~。

○パソコン通信時代
最初のお絵かきハブサイトは1990年前後パソコン通信から始まりました。
パソコン通信は企業の運営する「ニフティーサーブ」「PC-VAN」が2強でした。
他にも個人運営のパソコン通信は数百あったのかな。

私はニフティしか利用してなかったので他のパソコン通信は知らないのですけど、ニフティではCGフォーラムが一番のCG集積場でした。
登録されるCG枚数は一日20~30枚くらいだったかしら。
記憶あやふやだけど。
それでも当時としてはかなり多い方でした。
フルカラーお絵かきのPC環境揃えるのに、まだ60万円以上かかってた時代ですし。

で、DOM(ダウンロード専門)は嫌われ、絵を見たら(ダウンロードしたら)感想をなるたけ書き込むこと、という文化がニフティにはあった。
それとニフティCGフォーラムは、成人向けのCGは禁止で、他にも下着や水着でも足をくぱぁと開いたのは禁止、というよくわからない規則もあった。

わしも10~20枚くらい登録したかな。

○インターネットの始まり・ヤフーカテゴリー検索時代
1990年代後半に入りますと、インターネットが普及して個人でHPつくる人も増えてきました。
わしも、インターネットならニフティの規則にしばられずエッチな絵が載せられる~世界と繋がる~きゃっほ~♪とニフティを卒業して、インターネットHPの方へ移りました。

当時はグーグルのような語句検索システムというのはなくて、ネットハブサイトとしては、巨大リンク集というシステムが一般的でした。
生活・スポーツ・芸術などカテゴリーにわかれたリンク集にHP登録申請するの。

中でも一番有名なのは「ヤフー」でした。
わしもヤフーお絵かき系カテゴリーに登録して載せてもらいました。
その頃のCGHP数は数百~千サイトくらいだったかな。

ヤフー以外にも、ヤフーのようなハブリンク集はけっこうありましたので、あちこちに登録してまわってました。
メールアドレスも登録する仕様になってたのでほいほい登録してたら、のちのちスパムメールが山ほどくるようになってしまって困った。

○サーファーズパラダイス・tinami時代
2000年前後、ネットもますます普及してきまして、個人HPも増え続けてきますと、ヤフーのカテゴリー検索では機能不足になってきました。
ヤフーのCGのカテゴリーは1種類しかありませんでしたから。

それで、でてきたのがCGサイト専門のリンク集です。
ヤフーと違って、各種版権・オリジナル・成人向けなどなど、いろんなジャンルで分けられ、自分の好みのCGサイトを探すにはとても便利でした。
200×40のバナーと一緒にリンク表示するため、バナーの絵をみてCGサイトに飛ぶというようなことができるのもよかった。
当時は文字だけリンク集が一般的だったのです。

その中で抜きん出て大手になったのが「サーファーズパラダイス」「tinami」でした。

○数あるCGサイトの中から選りすぐり新作CGを紹介してくれるサイト時代
2000年代後半に入りますと、個人CGHPも万単位でがんがん増えてきます。
もう「サーファーズパラダイス」と「tinami」で自分好みのCGサイトを探すのもむつかしくなってきました。
いくらジャンル分けが細分化されてても、人気ジャンルには何百というHPが登録されてますし、オリジナルの場合オリジナルの中でのジャンル細分化はされてないですしで、自分好みのHPをみつけるのは相当時間かかりました。

更にお気に入りのCGサイトのブックマークも何十何百とふえてくると、新着更新絵チェックでHP巡回するのもかなりの時間を要しもう無理。手一杯。

それで出てきたのが「CG定点観測」さんのような、管理人さんが独断と偏見で選んだ新作CG更新チェックサイトです。
他にも「俺なんとか(名前失念)」さんとか有名サイトがいくつかありました。

管理人さんがその日更新された極上にうまい新作CGを厳選し毎日紹介してくれる、というサイトです。
有名管理人さんにHPを紹介してもらうと、アクセス数が何百倍も増えました。

でもやっぱり独断と偏見だけあって、管理人さんの好みにかたよっちゃうんだよな~。
わしがみていたCG紹介サイトでは、男性オタ向け版権うまいCGはよく紹介されるんだけど、オリジナルとか背景メインの綺麗なCGとかはあまりみかけなかった。
やっぱり個人で選んでる以上限界はあります。

○ピクシブ時代
2000年代終盤、そこで登場したのが「ピクシブ」ですよ。
ピクシブのよさは2011/07/28の「こんな時ですがpixivシステムの良さ、なぜpixivが人気あるかを」エントリーで書いたので割愛。

ピクシブの次はどんな形態のCGハブサイトがでてくるのかしらね~。
それともピクシブが完成形になるのかな。

COMMENT

俺ニュースじゃなかったでしたっけ…
サーパラ、チナミ、懐かしいですね
PiXiVは縁がなかったですな(苦笑)
眺めてれば切りなく好みの絵が見つかる恐ろしいシステムですからね(≧▽≦)

コメントしてからPiXiV見て来ました
スマホで見るともっさりしてます……
システムが同じでもグーグルの画像検索のように見やすかったリ
ツイッターにつぶやく、mixiにチェック入れられる等
サブの強化次第で別新興サイトに追い落とされる可能性もなくはないですね

あー俺ニュースさんでしたっけー。
大手サイトでしたな~。

>スマホで見るともっさりしてます……

あらまw
スマホだとだめでしたかw
画面小さいとまた別のデザインが必要なのかもしれませんね~。
それともスマホにはあまり力入れてないのかな。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。