スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPP雑感 レア化農業について

更にTPP雑感~。
農業について。

TPP推進の人がよくいう論に、世界で日本農業が生き残るのには、山形産の高級さくらんぼのように、作物をレア化ブランド化高級化して輸出するというビジネスモデルを上げてます。
が、本当にそれは可能なのかしらん。

工業製造業でさえ、がんがん技術が流出してる時代ですよ?
はたして高級さくらんぼなどの農業技術は、日本人しかつくれない技術なの?

おそらく高級さくらんぼも、世界の商人に目を付けれられば、真似する国が出てくるはずです。
今は高級さくらんぼが売れてるといっても、世界市場的にはそれほど大きくもなく、世界商人からは見逃されてるといった状況だと思うんですよね。

高級ブランド作物世界市場が大きくなればなるほど、種や栽培方法を知的財産化してそれを売るというビジネスモデルしか、日本農業で生計を立てる方法はなくなると思う。

大規模農場化で競争するのはそもそも不可能って話しですし。
畑全滅、かろうじて研究農場が生き残るという、未来の日本の図を予想。

COMMENT

農業界のユニクロが出てきて当然ですな。

知的財産に関しては、現状でもアメリカで発表したほうが税や社会環境の仕組みから有利になるケースが多いことから、TPP後はアメリカの方が知的財産足りえる研究にかんしては発展する可能性が強いかなと。

尚更日本衰退するのかなと。

結局、日本の「売り物」がなんなのか、何にしたいのかが見えないんですよね。本当にテレビや自動車は売れるようになるのかというものも含めて。現状の勝負だと関税なくしても韓国産に勝ててないじゃないかと。

推進派と慎重派の学者さんの議論をきいてますと、両者共通するのはTPPでは経済拡大しない、という意見が大方でw
テレビのTPP解説でも、以前はそのメリットは「工業輸出の増加」と言っていたのですが、今は「国益のために推進しなければ」という精神論にかわってきてて、もう意地で推進してるようにしか見えないですし…。
上の人達はほんとに何考えてるんでしょうかね~。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。