スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPPに参加しなかったときの日本の成り行きを予想

「国益損ねて参加せず」=TPP交渉で首相―首脳会談、米側発表を否定・参院予算委
時事通信 11月15日(火)9時43分配信
野田佳彦首相は15日午前の参院予算委員会で、環太平洋連携協定(TPP)交渉への参加方針を表明したことに関し、関係国との事前協議の結果によっては参加しない可能性もあるとの認識を示した。自民党の山本一太氏が「交渉に参加しない選択肢もあるのか」と質問したのに対し、首相は「何が何でも、国益を損ねてまで参加することはない。百パーセント、とにもかくにも(参加)ということではない」と述べた。

---------------
TPPに参加しなかったときの日本の成り行きを予想。

日米関係がこれ以上なく悪化し、日本はそれを改善するため沖縄に多大な犠牲を払ってもらうことになるとみた。
沖縄のアメリカ軍基地をアメリカの要求通りにして、思いやり予算も10~30%増量ってとこかしら。
そしてTPPに代わり、ASEAN+3で貿易拡大に望むという具合。

TPPに参加しても、コメや食の安全基準緩和、医療・保険、著作権延長非申告化などなど全て守れるわけはなく、せいぜい1項目守れればいい方でしょう。
経済拡大・貿易拡大に関しても、それはないというのが、推進派・慎重派の学者さんの共通した意見でありますし。
(じゃあなんで推進するかというと、TPPがFTAAP(中国インドアメリカその他もろもろの国を含む自由貿易協定)へ至る道程だから、という話しです。しかしTPPはむしろ中国を排斥させてFTAAPへの道を阻害する、といった意見もあります)

進むも地獄、戻るも地獄。
唯一いい点を上げるとすると、中国がより一層日本に貿易ラブコールを送りつつある、ということかな。

そういえば外務省HPにTPPコーナーができたようですねん。
どの資料も読みやすいです。
役所もこんなわかりやすい日本語が書けたんだ、と少々感心。

外務省 環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉のページ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/tpp/index.html#tpp-02


TPP協定において慎重な検討を要する可能性がある主な点
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/tpp/pdfs/tpp02_03.pdf


投資仲裁の事例
アメリカ・カナダ・メキシコ間ISD条項(国内法より投資家利益優先裁判)適用事例
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/tpp/pdfs/tpp02_06.pdf

COMMENT

コミケに出品しなかったときのいののさんの成り行きを予想してください

コミケって体力使うから…('A`)
ゼハー

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。