スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースソースとなるテレビ映像に著作権はあるのか

日テレ24時間テレビ 疑惑の映像次々消える

----上記事一部引用
 日本テレビが2006年8月26日~27日に放送した番組「24時間テレビ29 愛は地球を救う」のなかで放映された「100キロチャリティマラソン」の2つのシーンがネット上で批判にさらされている。いずれのシーンも動画投稿サイトに流出し、さらなる批判の声を生んでいる状況だ。しかし、その動画が次々に消えている。
----引用おわり


著作権やらなんやらで非難ごうごうのYouTubeですが、この場合どうなんでしょう。動画そのものがニュースソースならその著作権はどう扱われるのかな。

例えば有名なところでは昔、朝日新聞がサンゴをゴリゴリ傷つけて、それを写真に撮って『最近のダイバーはマナーが悪い』みたいな記事にして大問題になったことがありますが、あの写真はどゆ扱いだったかな~。
あの写真そのものが犯罪(?)の証拠だったわけですから、著作権はないと思うのですが…。

事故おこした車とか、その車の映像は著作権の侵害になるからニュースで流すのやれめっていう自動車会社からの文句はとおらないわけですし。

上記のニュースの場合、24時間マラソンのその動画は犯罪ではなくマナー問題動画なのでグレーゾーンなのですが、例えば夕方5時のニュースで『迷惑かえりみず傍若無人な若者』みたいな犯罪ではないがマナー問題の特集をよく放送してますが、それはボカシをかけて放送しているわけですよねん。

そう考えると、24時間マラソンの問題動画もボカシをかければYouTubeにのっけていても問題ないような気がしますが。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。