スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児童ポルノ単純所持改正 賛成派反対派なぜ議論が咬み合わないか

児童ポルノ禁止法問題、各党代表が賛否を表明 安倍首相「あくまで子どもを守るための法律」
 6月28日夜に開かれた「ネット党首討論会」で、自民・公明・日本維新の会が共同提出した児童ポルノ禁止法改定案について、出席した各党首が賛否を表明した。
2013年06月28日 ITmedia ニュースより~

-----------------

どうも、児童ポルノ改正案、廃案ではなく継続審議になったようで。
次の参議院選挙が終わったら、再び審議されるようです。

で、上記記事、各党の児童ポルノ禁止法の賛否や意見が簡潔にまとめられています。
今度の選挙の参考になる記事だと思います。

児童ポルノ改正単純所持規制の賛成派と反対派の意見の大きな違いって、賛成派はコンセプト論で話していて、反対派は技術論で話している場合が多いのですね。

「子供をポルノから守るのに反対するのはおかしい」というコンセプトの是非を話している賛成派。
「子供を守るのは当然だけど、この法律は子供を守る条文になっていない」という法技術の話しをしている反対派。

身のある論争をするためには、コンセプト論と技術論をちゃんと分けて論争しないとだめだと思います。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。