スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団的自衛権の説明は嘘?

「集団的自衛権」のリアル 自衛隊の戦略的活用を考える
BLOGOS 2014年07月01日 より~
柳澤 私は「なんだこりゃ」と、本当にのけぞるほどびっくりしました。海外で有事があったときに、赤ちゃんを抱えた母親、あるいはおじいさんおばあさんがアメリカの船に乗って逃げてくる、それを自衛隊が守らないでいいのか、という話でした。もちろん、守らなきゃいけないに決まっています。だけどそれと集団的自衛権と何の関係があるのかということです。

私は5年半官邸にいて、まさにそうした事態にどう対処するかを検討する仕事をしていましたが、どこかの国で紛争やクーデターが起こった場合には、観光客など民間人は民航機が飛んでいるうちに帰ってくるのが鉄則です。

--------------

自分は集団的自衛権について論じられるほど知識はないけど、ツイッターでまわってくるRTなどを見てると、勘違いの元に持論を展開してる人が多いようにみられます。

個別的自衛権と集団的自衛権をごっちゃにして論じている人が、かなり多いように感じます。

賛成派が「反対の人は、戦争がいつでも起こせる国になるというけど、そうはならない」と論点ずらしをしてるのはもにょります。
「戦争を起こせる」ではなく「戦争にかり出される」なので、それについて真正面から議論して欲しい。

政府はちょいちょい嘘をつきます。

東京都漫画規制条例のときも、都庁は「過激なエロ表現を規制するだけだ」と嘘の説明をしてました。
報道機関もその嘘をそのまんま鵜呑みにして、「過激な表現」という文言を使いまくっていましたけど、今回もそのようで。
上の記事を読みますと。

それを見抜くのが報道機関だと思うのですが。
今社会の中枢にいる人は、疑問を持ち立ち止まって考えることをしていたら、落ちこぼれてしまう教育を受けてきた人たちだからなぁ。
だめかな。

参考 東京都漫画規制条例がやっぱりストーリー規制であった件
http://inono.blog50.fc2.com/blog-entry-843.html

あうあうあ

ちょっと、広告回避(; ̄Ω ̄)ノ
もうあれから一ヶ月か~

ワシが絵を描き続けている理由

比較

エロ漫画描き始めた頃と現在の絵を比べてみるテスト。
随分上達したなという思いと、長い期間描いててこんだけ?という思いが交錯して複雑な気持ちになります。

つか、実際わし、絵の才能ほんとなくって(特に初期)、よくこれでお金貰えてたなという…。

そんなわけで、これまでに本気で描くの辞めようと決心したこと幾度もあります。
でもそのたびに助け舟を出してくれる人があわられて描き続けろって言うんですよね…なんなんだろう?
運命なのかしら?
でも、運命って言うほど、たいした作品も描けてないんですよね…。

つーわけで、私が絵を描き続けている理由。

小学生の頃、絵のコンクールでごくごくたまに銅賞とか銀賞とか貰ってました。
でも本格的に絵を描き始めたのは高校の頃かしら。

それで美大めざして、夏期講習で美大予備校通ったのです。
しかし美大予備校って残酷なところで、完成した生徒さんたちの絵をうまい順に並べていくんですよ。
そしてみんなの前で先生(芸大の学生)が一枚一枚論評していくんです。

わしの絵はいつも最後の下手糞グループで、酷評されまくりでした。論評中は脂汗かきまくりでした。
みんなの前で恥をかかされ『絵の才能ないんだな、もうだめたな』とメンタルぼろぼろでした。

夏期講習はお金払っちゃったから一応通うとして、これ終わったらいっさい絵を描くことをやめようと決心してました。
ところが~

ある日新人の先生が赴任してきまして。
他の先生達に酷評されまくった私の絵を指して褒めはじめたんです。
意味不明だった。これ描いたの誰?って手を上げさせられて、べた褒めだった。
それで「がんばって、描くことをやめないで」って言われたんです。

家に帰って泣きましたね。いやまじで。
それで描くことは続けて美大受験したんですが、当然大手美大(多摩美とか)は落ちまして。
北海道片田舎の大学のデザイン学科へ入学したの。

大学へ入ってからは、デザインの勉強は最低限にすませて、開いた時間は漫画を描いて、雑誌へ投稿を繰り返してました。
でもいつも二次選考どまり。投稿するたび失意のどん底でした。
就職活動しなきゃいけない期間になってきて、「もうこれはだめだ…」と。

絵を描いてきたことは無駄だった奇跡は起こらなかったと。
絵を辞める決心しまして今まで描きためた作品全部捨てた。
でも一作品だけ思いれのある漫画原稿がどうしても自分では捨てられなくて…。
自分で破いて捨てるにはあまにも忍びない。

それで漫画雑誌へ返却封筒を入れず投稿して、そこの編集部に捨ててもらおうと。
んで第一回アフタヌーン四季賞に投稿したわけですが佳作を頂きまして。
意味不明だった。忘れた頃に編集部から電話きたのでなんのことかさっぱりわからなかった。
でも「奇跡は起こったんだ…」と。

それから就職活動ストップして、担当さんと打ち合わせしつつ漫画描いて次の次の四季賞あたりにも、特賞か何かいただきまして。
順風満帆かと思いきや、しかしそこから面白い漫画がまったく描けなくなってしまって、担当さんから酷評の嵐でした。遅筆もありましたしね。
そのうち連絡もこなくなって…「ああだめだ…就活期間も逃したし、自分何やってんだ…」と。

そこで中学時代から薄っすら患っていたウツ病最高潮ですよ。
もう本当に何もできない。力が入らないの。起きることができない。
できることといえば、072と寝ることとエロ漫画描くことくらい。

で、描いたエロ漫画をロリ雑誌「ホットパンツ」に投稿しまして。
編集後記に「金無いから雑誌コード売って酒買ってこようかな。投稿原稿はコピーでいいので送れ」って、身も蓋もないこと書いてあった、ので送りましたら即採用されて毎月仕事もらえるようになって今に至るって感じ。

う~ん、でもそれにしては、ワシ、たいした作品残せてないしな~。
運命はワシに何を描かせたいんだろうw?

脱ぎかけ猫耳メイド ピクシブ投稿しました



随分前におおかた完成して、そっからちびちび修正していたのですが、あまり修正しまくっていてもきりがないので、投稿~。
でゅふふふ。

児童ポルノ改正 平沢議員言うところの悪質な1%の漫画の役割

いよいよ児童ポルノ改正が迫ってきてるのかな。
児童ポルノの領域に漫画も含まれるのか、不安なところではあります。

で表現規制派の平沢勝栄議員が、BS日テレの「深層NEWS」児童ポルノ特集で、「漫画の中で規制するのは、悪質な1%の漫画で、99%は規制されないんですよ」と力説されていたことについて、思うところを書きます。

私はその規制される1%の漫画こそ、漫画文化において、ものすごく大きな役割を負っているのだと思っています。

例えば、グーグルのCMやアメリカトヨタのCMにも登用され、10代の聴く音楽トップ10に入りまくりの初音ミクです。

初音ミクは、萌え絵市場・萌え絵文化がなければ生まれてこなかったキャラクターであります。

全てのものごとは文脈があり、なにもない所から突然生まれてくることはありません。
萌え絵文化のないインドやアフリカで初音ミクは絶対に生まれることはないのです。

で、初音ミクを生み出した、萌え絵文化がどのようにして生まれてきたかといいますと、ロリコン漫画・エロゲー文化から生まれて来たものであります。

平沢勝栄議員のいう1%の悪質な漫画から生まれてきたわけであります。

そういった、エロと言いますか、カルト漫画ですね。
私は、どんな文化もカルトから生まれてくることが多い、という持論。

これはエロ漫画ではありませんが、「地上最強の男 竜」というカルト漫画がありました。

地上最強の男 竜 (前編)a Black Leaf (BLACK徒然草)

地上最強の男 竜 - Google 画像検索

格闘漫画なんですが、ものすごい。
頭吹き飛ぶ・目ん玉転がる・内臓撒き散らす・神が出てくるなどなど。

主人公竜に復讐すべくつけまわす、美人女性格闘家がいるんですが、腹を雑巾のように絞られて内臓撒き散らせて死ぬ。
おそろしい…。

これが少年漫画雑誌に掲載されていたというのだから驚愕です。
今は間違いなくどの雑誌も掲載できないであろう漫画です。

で、あくまで私の考えではあるのですが、おそらくこの漫画が「北斗の拳」文脈に繋がっていくんじゃないかと思っています。

最近、新しい大ヒット漫画がまったく出てきていません。
(いや、出てきていますが昔ほどではないという意味で)
ヒットしているのは昔から長期連載しまくっている漫画ばかりです。
その理由として、漫画編集部は、そういったカルト漫画をないがしろにしているからではないか?、自分はそう考えています。

エロゲー業界も徐々に衰退していっている模様です。
数年前、野田聖子議員をはじめとする議員団が、レイプレイ事件をきっかけにして、コアジャンルのエロゲー規制(自主規制)を求めました。

エロゲー業界も、売上わずかなコアジャンル規制ということで、その規制案を丸呑みにしたようです。

エロゲー独特のなんでもアリ感が失われ、クリエイターにとって魅力的な業界ではなくなり、徐々に活力が失われていき、エロゲー業界が衰退していった、と考えています。

バブル世代vsゆとり世代をバブル世代のわしが書いた

「会社のゆとり対策」番組に猛反撃 ニコニコ読者「俺たちは悪くない!」
キャリコネが6日に配信した「会社の『ゆとり世代対策』に賛否」という記事には、10代・20代読者の多いニコニコニュース読者から1000を超えるコメントが寄せられている。
事あるごとに揶揄される「ゆとり世代」だが、そうした状況に彼らは納得していないようだ。
実際の仕事上でも、ゆとり世代は不満を抱えているようだ。批判が集まっているのは、40代後半以降の「バブル世代」だ。
2014年2月15日ニコニコニュースより

--------------------

バブル世代vsゆとり世代。
結論から書きますと、わしバブル世代なのですが、バブル世代こそウンコだと思います。
バブル世代のわしが言ってるので間違いないです。
バブル世代はウンコです。

もそっと正確にいいますと、バブル世代のオタク以外の人たちはうんこ。

学力低下など何かと批判の対象となるゆとり世代ですが、よく精査してみるとむしろ詰め込み教育のバブル&団塊世代より上ってニュースも流れていましたし。

「ゆとり教育はやはりダメだった」は本当か?
国際学力調査で日本の順位が急復活した本当の理由
http://diamond.jp/articles/-/46988


バブル世代の何がだめかといいますと、学力面では詰め込み教育まっさかりで、とにかくテストの点数&内申点さえよければ何をしてもよい、という価値観。

村木厚子・元厚生労働省局長の冤罪を主導し、証拠改ざんを行った前田恒彦元検察官もバブル世代。

あとオタクという概念を生み出し、オタクを社会の中枢から締め出す傾向が最も強いのが、バブル世代。
昭和に活躍した研究者やクリエーターさんの若いころの写真みるとオタク顔がけこう多いのですが、今はどうでしょ。
今の若いクリエーターさんや研究者さんのお写真みるとみんなリア充顔じゃないじゃないですか?

オッサンがPCやネットに疎いとよく言われますが、そのオッサンの若いころって、PCやネットを扱う人間をオタクと称して毛嫌いする人々がかなり多かったのです。
そのせいでバブル世代のオッサンは今もPCやネットに偏見持ってる人が多く使えない&使わない人が多いと思う。

あとなんといっても、2000年代後半あたりから、社会の主導権を握りつつあるのがバブル世代なわけですが、バブル世代の真の成果ってのは、今の社会に現れているわけですが、いい社会になっているのかなどうかな。

--------------------
焦点:下振れた10‐12月GDP、今年度政府見通し達成困難に
-2013年10─12月の国内総生産(GDP)が年率1%の低成長にとどまり、市場の予想を大きく下回ったことで、4月の消費税率引き上げを乗り越える「日本経済の体力」に不安が広がっている。
2014年 02月 17日 ロイターより

過去の恥ずかしい行為を思い出してうわぁぁってなることの対処方法

ふいに過去の自分の恥ずかしい行為を思い出して、「うわぁぁぁぁっ!!」ってなること多いじゃないですか。
その対処法。

「所詮自分は下卑な輩。上品高等な人間が恥ずかしい行為を悔やむのは理屈に合うが、下卑な人間が恥ずかしい行為をするのは当たり前。犬が犬行為をするように下卑が下卑行為をするのは当たり前のことなのだ。そもそも自分を何様だと思っているのか。高等な人間だと思っているのか。思い上がりにもほどほどしい」

と毎日自分に言い聞かせてればわりと防げます。

街でふいにガラスに映る自分の姿を見て、あまりの醜さに愕然とすることが多々あります。
それは理想とする自分の姿と現実の自分の姿のギャップからくる心神喪失で、自分は醜いとちゃんと自覚していれば愕然とすることもないのです。

毎日自分にそう言い聞かせてましたら、恥ずかしい行為を思い出してもそれほど「うわぁぁぁっ」となることもなくなったのですが、しかし副作用として、欝になるという…。
しかも控えめに下卑な人間と言い聞かせているのではなく、嘘偽り無く下卑な人間なので余計…。

特定秘密保護法 雑感 「その他」法文の扱い

ネットは「秘密保護法」賛成が多数! 背景に大手マスコミへの不信感
特定秘密保護法をめぐり、マスコミの論調と「ネット世論」の大きなギャップが改めて浮き彫りになった。マスコミ各社が総じて「反対」の立場を取ったのに対し、各種ネット調査では「賛成」が優勢を占める結果が相次いだのだ。

「知る権利、民主主義の危機」を訴えた既存マスコミとの差異は何だったのか
2013/12/ 7 J-CASTニュースより

------------------------

特定秘密保護法の世論は大きく分けて、少数の「無条件賛成派」と、多数の「条件付き(法案修正)賛成派」と、少数の「無条件反対派」の3つの世論にわかれているように見受けられます。

特定秘密保護法の特集をしている報道番組の、ツイッターのハッシュタグをのぞくと、「無条件法案賛成派」さんからの番組への罵詈雑言であふれてました。

しかも「無条件賛成派」さんは「条件付き賛成派」をも「無条件反対派」と勘違いして罵倒する習性があるようで、激しくもにょる…。

「条件付き賛成派」も反対とシュプレヒコールあげてましたが、あれは法案コンセプトに反対してるのではなくて、強行採決・修正しないでの採決に反対してるのでありまして。

もうちょっとよく考えようよ…。
それともあれかな、官僚さんからの応援ステマかな。

私も議論などを聞いてると、法文を修正しての、完成度を高めてからの、賛成が妥当かなと思いました。

------------------------
12・6を忘れない
 反対の声が議事堂を包む中、耳をふさぐように採決に突入し、特定秘密保護法案は「法」になった。

 国会の責任は、政府と与野党の論争を国民に提供して知る権利に応えること。そして民意を吸い上げながら法律をつくること。ところが、その責任を放棄し、知る権利をおびやかす法律を成立させてしまった。

 成立したばかりの条文を読み返してみた。三十カ所以上にちりばめられた「その他」の文字が、秘密の範囲を無限に広げ、知る権利を脇に追いやる構成になっている。
東京新聞 2013年12月8日より

------------------------

法文での「その他」は秘密保護法に限らずたくさんあると「無条件賛成派」さんは言いますが、罰則なしの「その他」と懲役刑のある「その他」ではぜんぜん重みが違うと思います。

げんに何億円と予算のついた復興予算はかなりの多くが「その他」に流れてしまいました。
予算0の「その他」法律とは重みがぜんぜん違うと思います。

予算がたくさんついた「その他」条項がある法律、重い罰則がある「その他」条項のある法律は、必ず司法なり国会議員なりの第三者機関の審査が必要、という法律をつくればいいと思います。

終わりのはじまり2

特定秘密保護法案の成立過程がちらと報道番組で討論されていたんですが、悪名高い東京都漫画規制条例のときと手法が一緒でした。

提出者は立て付けの悪い条文なのがわかっているからだと思うのですが、聞こえのいい骨子だけを最初に発表しといて、条文そのものはギリギリまで発表しないで、電撃的に通してしまうという手法。

やっぱり終わりのはじまりは東京都漫画規制条例から始まっていたんだなと再確認。
プロフィール
ツイッター
ニコ静画
検索ぷらす
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
ピクシブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。